BabyLinkを利用して文中に不自然なくAmazonアソシエイトのリンクを作り商品紹介をする方法

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

logo-a8190713bec92085b4f4b4ac49d66002

ベビベビベビベビベビベビベイベー、今夜世界はハシオのものさぁ~♪どうも、布袋寅泰さんのスリルを替え歌にした橋尾渡です!w

ところで、あなたは赤ちゃんが泣きだした時どうやって泣きやませますか?以前探偵ナイトスクープで面白い動画を見つけたんですが、「タケモトピアノ」のCMが流れると赤ちゃんは泣きやむという動画を見ました。

このCMが流れると本当に赤ちゃんが泣きやんでいて驚きましたね。動画を見たいという方は探してみてくださいw

さて、今回はSimplicityテーマの作者わいひら氏が作ったプログラム「BabyLink」について紹介していきたいと思います。「BabyLink」とはAmazonアソシエイトプログラムの主張しない謙虚なリンクを作ることができるツールです。

では、さっそく詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

BabyLinkとは?

BabyLinkの公式サイトにこう記載されています。

BabyLinkは、Amazonの商品リンクを作製するためのツールです。

ブログの文中でAmazon商品を紹介するのを想定して作りました。

文中で商品を紹介するには、読み手の妨げにならないため、いかにもな仰々しいブログパーツはなるべく避けたいもの。

そのためBabyLinkは、なるべく控え目でシンプルな商品リンクになるように作成しました。

控えめでありながら、小さな画像も付くため、読み手にどのような商品か分りやすくもなっています。

なるべくシンプルにするため、ツールのクレジット表記も取り除きました。というか、僕自身がクレジット表記がないアソシエイトリンクを作って利用したかったもので。

宜しかったらご利用ください。

BabyLink

BabyLinkの趣旨としては、とにかく目立たないことを意識して作られているようですね。本来のamazonアソシエイトリンクはこのように情報が多く記載され、少しくどさがあります。

スクリーンショット_031316_115307_AM

そして、「BabyLink」を使えばこのようにシンプルですっきりしたリンクを表示することが可能となります。

スクリーンショット_031316_115548_AM

本家と比べるとだいぶ違いがありますね。いらない情報をごっそり削ぎ落としたようです。こうなると本文の邪魔にもならず自然と文中に溶け込ませることができるでしょう。

次は使い方について説明していきたいと思います。

BabyLinkの使い方

まずはBabyLinkのホームページに移動しましょう。

スクリーンショット_031316_122913_PM

右上に「セットアップ」がありますのでそちらをクリックしてください。

スクリーンショット_031316_123147_PM

AmazonのトラッキングIDを記入するボックスがあるのでそこにIDを入れましょう。

スクリーンショット_031316_123414_PM

スクリーンショット_031316_123553_PM

ちなみにトラッキングIDはメインIDの下にあります。それと、末尾の「-22」も忘れずに記入しましょうね。「設定」を押せば登録は完了します。

スクリーンショット_031316_123933_PM

次に、いつでも「BabyLink」を使えるようにするためお気に入り登録しておいてください。

スクリーンショット_031316_124614_PM

さて、一通りの設定が終わりましたのでさっそく検索をしていきましょう。紹介したい商品を検索したら「リンクを作る」ボタンを押してください。

スクリーンショット_031316_124853_PM

すると右側にリンクの貼り付けコードが何種類か表示されるのでブログに付けたいパーツを選んで貼り付けてみましょう。僕は今回シンプルを選んでみました。

ご覧ください。このようにAmazonのリンクが表示されました。凄くシンプルで見た目がいいですね。ちなみにハリボーのコーラグミは僕の大好物ですw

スクリーンショット_031316_011743_PM

それから注意してほしいのがビジュアルエディタモードで貼り付けると商品が表示されなくなるので、テキストモードにしてからコードを貼り付けてください。

以上で「BabyLink」の使い方の説明は終わりです。

まとめ

公式のAmazonアソシエイトやワードプレスのプラグインで紹介するリンクは、くどかったりサイズ感が気に食わなかったりする場合がありますが、この「BabyLink」を使えば文章を読んでいる読者様の邪魔にもならずストレスなく読み終えることができるでしょう。

なのでこういったサービスはユーザービリティー向上のためにも大変役立ちますね。わいひら氏の技術力に敬意を表します!

それでは「BabyLink」についての説明を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
BabyLinkを利用して文中に不自然なくAmazonアソシエイトのリンクを作り商品紹介をする方法
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事