クラシックを聴きながら作業をするとリラックス効果が期待できる

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

rest-52495_1920

どうも、こんにちは!ブログ記事が150記事に到達した橋尾渡(@hashio_wataru)でっす。

今回は、クラシックを聴いて疲れる作業を少しでも癒そうという旨の記事を書いていこうかと思います。僕の場合クラシックを聞くと、とても心地よい気分になって作業が捗るようになります。

人によるでしょうが、クラシックは癒しの効果があると思われます。例えばこの曲を聴いてみてください。とても心が安らぐ感じがしませんか?

どうですか?とても心安らかな気分になりませんかね?ちなみにこの曲は、僕がクラシックの中で一番好きな曲です。主よ人の望みの喜びよというタイトルで、なんだかカッコいいですね。

では、実際にクラシック音楽はリラックス効果があるのかを調べてみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

クラシックの効果

クラシック音楽はアルファ波を誘発させて精神を落ち着かせます。

アルファ波とは、人がリラックスして精神が安定している状態のときにのみ出る脳波です。
この脳波は、「1/fゆらぎ」という周波数の物理現象(川のせせらぎや海の波のリズムなど)によって生まれます。
クラシック音楽はその「1/fゆらぎ」を多く持つ音楽なので、アルファ波を誘発させ高いリラクゼーション効果をもたらすのです。

アルファ波を誘発する

やはり、クラシック音楽はリラックス効果があるようですね。上記のように、科学的に証明されています。

クラシックはアルファ派という周波数をだしているので、リラックス効果が期待できるようです。特に、モーツァルトの音楽がリラックス効果が高いらしいですね。

では、モーツァルトの詰め合わせを聴いてみましょう。

モーツァルトを聴きながら、作業をすると仕事の効率が上がりそうですね。確かに、モーツァルトの曲は心がリラックスできるような曲が多いです。

なので、是非モーツァルトを聴いて作業をしてみましょう。

終わりに

以上で、クラシック音楽のリラックス効果についての証明は終わりになります。ブログの執筆中などに、クラシック音楽を流して記事を書いてみてください。普段より、スラスラと文字を入力していくことが可能です。(※僕の場合です。)

モーツァルトやショパン、それにバッハなどの音楽はとても心地よい曲が多いです。僕のオススメはやはり、バッハですかね。作曲家はたくさんいるので、是非YOUTUBEでクラシック音楽を探してみてください。

それでは、そろそろクラシックを聴きながら作業をするとリラックスできるについての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事