ビジネスシューズのDr.ASSYは超軽量で撥水加工付き、通気孔もあって蒸れにくい!春から夏にかけておすすめのシューズか!?

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

P3310027

どうも、こんにちは!橋尾渡(@hashio_wataru)です!

もうすっかりと暖かくなり春になっちゃいましたね、以前の寒さがまるで嘘のようです。春といえば1年の中で秋と並び最も過ごしやすい季節です。植物が芽を出し、虫が動き始め、日は永くなり、そして出会いと別れの季節でもあります。

僕の別れと言えば冬に履いていた靴との別れでしょうか(笑)もうこれだけ暖かいと冬に履いていた革靴などは足が蒸れて履けなくなります^^;なので冬用の靴とは当分のあいだお別れですかね。

仮にそのまま我慢して履き続けたとしたら水虫になって大変なことになってしまいます。だったらこれからの時期に履ける通気性のよい靴がほしい、尚且つ防水機能付きの靴はないだろうか…?

そして新たな出会いを見つけてしまいました。春から夏まで履ける丈夫で多機能な革靴!その名も「Dr.ASSY」

先日インターネットで長持ちして丈夫な革靴を探していたら、ヤフー知恵袋にASSYがおすすめ的なこと書いてた訳ですよ(笑)そこで、気になってしまったハシオは楽天で注文して買ってしまったんですよ!

そして届きました。

P3310028

ドンッ!!

箱が青い!!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Dr.ASSYとは

そもそもDr.ASSYなんて聞いたことがないブランドですね、一般のお店には流通していない靴なのでしょうか。それとも僕が知らないだけ…?楽天で注文してみると、どうやら福岡のほうから発送されているっぽいです。本社は福岡にあるのかな?

Q2 : ドクターアッシーはどこへ行けば買えますか?

A : 全国の靴専門店、又は量販店などを中心に販売しております。

Dr.ASSY

どうやら公式サイトの説明を見ると量販店にも売っているようです。これは僕が知らないだけでしたね。東京靴流通センターやショッピングモールの靴屋さんに行けば置いてあるかもしれません。今度見ておきましょう(笑)

ドクターアッシーという名前の由来はアシンメトリ(非対称)というとこから「アッシー」という名前を付けたそうです。

新しいSkitchファイル_033116_100829_PM

図のように、靴のつま先部分の形状が足の形に沿って斜めになっています。これがアシンメトリー(非対称)ということですね。そしてこういった形状を「オブリーク・トゥ」と言うようです。

P3310033_040116_075138_PM

実物を見てみると、確かに斜めになっているような…?よくわかりませんね(笑)

P3310034

ほんとに斜めになってるかこれ…!?(笑)全体的にサイズが大きめでゆとりのある設計になっています。元来、日本人の足は「甲高・幅広」という形が多いらしく、それに合わせてDr.ASSYは作られているそうだ。

日頃何かと歩き回ることが多い日本人のために「働くニッポンを、足下から応援したい!」という気持ちからできた会社がドクターアッシーのようです。ASSYの靴を買った僕も、これからは足元を応援されながら生きていくんですね(笑)

Dr.ASSYの機能

Dr.ASSYをより知るためにどういった機能が備わっているのかひとつひとつ見ていきましょう。そして僕の感想も交えて説明していきたいと思います。

リンゴよりも軽い

Dr.ASSYの特徴としてはなんといっても、とにかく軽い。何故軽いのかというと、ポリウレタン製の靴底を採用しているからだ。

ポリウレタン製の靴底を採用することによってスニーカー並の軽さ(片足約350g)の実現に成功したようだ。それだけ軽いという事は長時間履き続けても疲れることが少ないということでしょう。

P3310037_040116_081957_PM

この写真を見てください、秤(はかり)の上にリンゴと靴が並んでいます。そして「リンゴよりも軽い」というキャッチフレーズ、まさに新次元ですね。今ほんとかよ!って思いましたね?いやいやいや一度履いてみてください。実際に履いてみましたがガチで軽かったですよ(笑)

通気性に優れている

これだけ軽いと長時間靴を履いていても疲れることがないし仕事以外、プライベートでも使えるでしょうね。それに、中敷きもしっかりしていて柔らかいです。

P3310041

中敷きの先の部分には数カ所穴が空いていて、そこから空気が入って蒸れを防ぐっぽいです。

P4010055

これが空気が通る穴です。

P3310051_040116_093227_PM

そして靴底にある大きな穴が通気孔。ここから空気が入って先程の中敷きの穴へと流れていくようです。これだけ大きな穴が空いていると雨の日は不安ですね。ですが、しっかりと水が入り込まないように設計されているので安心してください。

撥水加工が施されている

雨の日は不安と書きましたが、もうひとつ優れた機能が付いていて撥水加工が施されているんですよ。撥水加工ってのはつまり、水を弾くってことですね。靴の表面がテカテカしてるでしょう?これが水をはじくんですよ(笑)

P3310043

ほらピカピカしてる。キレイですねぇ…。そこで……。

本当に水を弾くのか少し疑っているので、実際に水を垂らしてみましょう!w

P4010057

P4010058

P4010060

うおお!染み込んでない!!!

これだったら雨の日も怖くないですね、毎日履けそうです。しかし、調子をこいて水たまりなどに入ると履き口から水が染みるのでそういうことはしないようにしましょう。飽くまで表面の皮革に撥水コーティングされているので布部分は注意です。

それから、写真に写っている靴ですが、2日ほど履いてみたあとなのでクシャクシャしてますが気にせずに(笑)

滑りにくいラバーソール

僕が冬の間に履いていた靴はソールの靴底がすり減っちゃって雨の日になるとツルツルと滑るんですよね。転んで骨でも折ったら大変なことになります。今回のDr.ASSYの場合は靴底にラバーソールというものを使っていてとても滑りにくい構造になっています。

P4010056

マンションの廊下とか凄い滑りますよね、でも安心してください。このラバーソールなら滑りません。なぜならゴムでできているからです。ラバーソールとはゴム製の靴底なのです。

溝もしっかりあり、水を外に流してくれます。雨の日にとことん強い靴ですねドクターアッシーは(笑)

抗菌・防臭加工

毎日靴を履くとなると、必然的に臭くなりますよね。汗をかいて放置した靴のニオイを思い浮かべてください。くっさいくっさいおっさんのニオイがしますねぇ。

そんなくっさいおっさんのニオイをこのDr.ASSYは抑えてくれる加工も施されているんですよ。どういう素材を使っているのかはわかりませんが、前述したように通気孔があって臭いニオイごと新鮮な空気と入れ替えることによって悪臭を放つ前に防いでくれるっぽいですね。

そして、こういった消臭スプレーも一緒に使えば更に清潔に保つことができるので靴とセットで揃えたほうがよいでしょう。

4種類のタイプ

Dr.ASSYには4種類の靴があるんですよ。

Q3 : ドクターアッシーには、どんなタイプがありますか?

A : ビジネスタイプ、ビジネスカジュアルタイプ、トラベルウォーキングタイプ、トレイルウォーキングタイプと4タイプ有ります。

僕が買ったのは「ビジネスカジュアルタイプ」ですね。仕事以外でも使いたかったのでこれを選びました。そして、それぞれの靴がどんな特徴を持っているのか一つずつ見ていきましょうか。

ビジネスタイプ

ビジネスタイプのキャッチコピーはこちら 「この軽量感は、もはや浮遊感!! 」。どうやら軽量ということが売りらしいです。これは上記で説明した通りの使い心地でしょう。

全体的にスマートな形の革靴が多く、とにかくビジネスシーンのみに特化したシューズでしょう。とてもカッコいいですね。

ビジネスカジュアルタイプ

ビジネスカジュアルタイプはビジネスタイプよりも軽量で、仕事以外にも使える革靴です。オシャレをして街へ遊びに行く時などに適しているかもしれません。

僕はいろんな場面で靴を履きたかったのでこれを選びました。ビジネスタイプよりもゆったりとした構造になっていますね。

トラベルウォーキングタイプ

このトラベルウォーキングタイプは「人気の「旅する達人」シリーズがスタイリッシュな装いで新登場。」というキャッチフレーズで旅行などに適したシューズです。名前の通りトラベル専用ですね(笑)

抜群の屈曲性を活かしながら足への負担を最大限に軽減してくれる構造になっているそうです。次にASSYを買うならこのタイプですかね。軽い山登りなどにも使えそうです。

トレイルウォーキングタイプ

最後はトレイルウォーキングタイプ。これもトラベルウォーキングタイプと似ているんじゃないでしょうか。森林・原野・山地など行くのに適しているでしょう。

個人的にはトラベルウォーキングタイプのほうが好きです。やはり次買うならばトラベルタイプでしょう。

まとめ

いかがでしたか。ドクターアッシーについて理解が深まったのではないでしょうか。こんなにも足へのこだわりを持った靴はドクターアッシーくらいじゃないでしょうか。

軽くて疲れにくく、仕事からプライベートまで多くの場面で使える靴なのでとてもおすすめですよ。各場面にあったシューズを選んで履くのがいいでしょう。

それからサイズに関してはワンサイズ大きめを買った方がいいとかいう情報がありますが、ピッタリのサイズを履いたほうがいいです。僕はワンサイズ大き目を買ってしまってブカブカして後悔したことがあるのでジャストサイズを選びましょう!

それではそろそろドクターアッシーの記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事