動画の作成に必要な高音質PC用ボーカルマイク「ECM-PCV80U」を買ってみた!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

mic-1132528_1920

ども!ども!8月は記事の更新が滞り、大変不調な橋尾渡でっす!(ヤバイぞ)

今回は、マインクラフトの実況プレイ動画を作っていきたいので、音声の録音ができてAmazonのベストセラー1位に輝いているPC用ボーカルマイクを買っちゃいました!

その名も「ECM-PCV80U」

もともと、僕のパソコンは音声の聞き取りができるタイプなんですが、声が遠くなったり、質の悪い音声になったりと、色々と不安要素があったので、ちゃんとした録音用のマイクが欲しかったんですよ。そこで、このマイクを購入する決意をしました。

このマイクがあれば、実況プレイをする以外にも、カラオケの練習や、ニコニコの生放送、プレイステーションのオンラインプレイや、JOYSOUNDサービスなどにも使う事ができます。使い道は豊富なので、持っていて損はしないでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ECM-PCV80Uの特徴

P8140321

それではこれから、「ECM-PCV80U」の特徴について一つずつ説明していきますね。

スペック

指向特性 単一指向性
周波数特性 80-15,000Hz
正面感度(0dB=1V/Pa) -40dB±3.5dB
出力インピーダンス
本体出力コネクター キャノン XLR-3-12Cタイプ
コード/出力コネクター/長さ 金メッキ3極ミニプラグ/約2m
使用電池連続持続時間 プラグインパワー方式
大きさ(最大径×全長mm) 約43×160(マイク部)
約100×120(スタンドベース径×高さmm)
グリップ径(直径) 約21-40mm
質量 マイクロホン本体
約 300g( マイクコード含む)
マイクホルダー・テーブルスタンド組込時
約 360g( 本体・マイクコード・マイクホルダー・テーブルスタンド含む)、USB Audio Box 約38g(専用ケーブル含む)
付属品 マイクコード、マイクホルダー、テーブルスタンド、
USB Audio Box、専用USBケーブル

JOYSOUND.TV Plusに対応

PlayStation3、PlayStationVita TV、更にPlayStation4で遊べるカラオケゲーム「JOYSOUND.TV Plus(ジョイサウンド ドット ティービー プラス)」に対応しているようです。

「ECM-PCV80U」のマイクロホンをPlayStation本体に繋げれば、「キーチェンジ」や、「ボイスチェンジ」、「全国採点」などの機能を搭載したカラオケをあなたの家で遊ぶことができます。

PCでの動画投稿・音声収録に使える

PCでの使い勝手が優れているエレクトレットコンデンサーという方式を採用しているらしく、よく使われているダイナミック方式のボーカルマイクより音を認識する感度が高く、高音質の音声を楽しむことができます。

つまり、ニコニコ動画の生放送や、YouTubeの動画作りに向いているマイクロホン(マイク)という事なんですね。とりあえず動画を作ってみたいなら、「ECM-PCV80U」を買っておけば間違いはないでしょう(笑)

USBAudioBox付属

P8140327

USBによるデジタルな伝送は音質を高めてパソコンから出る雑音の影響を受けにくく、透明で美しい音質を実現できるデジタル伝送になっています。音に拘りを持って収録したい人にとてもおすすめです。

USBAudioBoxは音声の遅延処理がなされていて、パソコンを仲介しなくてもマイクからの音を出力可能です。スピーカーやイヤホンから聞こえてくるマイクの音には遅れが生じず、ストレスなく使えます。

テーブルスタンド付属

P8140333

「ECM-PCV80U」付属のマイクホルダーは、角度が自由に調節可能となっており、ギターやキーボードなどを演奏しながら歌の録音をしたい時に、とても役立ち便利ですね。

僕の場合は楽器は一切使えないので、パソコンのキーボードを触りながらマイクを斜め上に向けて、実況プレイなどをするという使い方をするでしょうね。楽しみです。

ECM-PCV80Uの使い方

それでは実際にECM-PCV80Uはどう使うのか、画像付きで説明していきましょう。

開封から接続まで

P8140320

Amazonから届いた「ECM-PCV80U」の箱は、SONYのロゴが目立ちとても逞しく見えますね。「ニコニコ動画・YouTubeにおすすめ」という文字は、なんだか心が弾みます。

P8140322_082116_045528_PM

箱から各部品を取り出しました。マイク本体、マイクスタンド、説明書などが入っています。付属品が全て揃っていない場合は、会社に問い合わせてみましょう。

P8140323

マイクロホンの大きさは、大きすぎず小さすぎず適度なサイズ感で非常に持ちやすいです。マイク本体はツルツルしているので、床に落とさないよう注意しましょう。

P8140330_082116_064411_PM

あとはこんな感じで、各部品を連結してパソコンのUSBに接続すれば録音が可能となります。

ヘッドフォンやスピーカーをお持ちでない場合は、こちらの「プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x」がオススメです。

音声の確認をする

では、「ECM-PCV80U」をパソコンに接続することができましたら、マイクの音がしっかり出るか確認をしてみましょう。(Windows7を基に説明していきます。)

WS000194_082116_082337_PM

まず初めに、画面左下にある「スタート」ボタンを押してください。そして次に「アクセサリ」をクリックします。最後に「サウンドレコーダー」をクリックすれば、録音するツールが起動します。

スクリーンショット_082116_082644_PM

左にある、「録音の開始(S)」というボタンを押せば、音声の録音が開始されます。

スクリーンショット_082116_082755_PM

そして、録音を終了したい時は「録音の停止(S)」ボタンを押しましょう。

スクリーンショット_082116_082906_PM

停止ボタンを押せば、ファイルの保存画面が開かれます。タイトルを決めて指定のフォルダに保存してあげましょう。

スクリーンショット_082116_083007_PM

先程保存した、「無題」のオーディオファイルをダブルクリックします。

スクリーンショット_082116_083106_PM

するとこのように、オーディオプレイヤーが起動して録音した音声を聞くことができます。余談ですが、自分の声を自分で聞くという感覚は、とても違和感を覚えますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。これから、パソコンでゲームの実況プレイをしたいという人には、是非「ECM-PCV80U」のマイクロホンをおすすめします。なにせ、Amazonでベストセラー1位ですからね(笑)

個人的には、マイクスタンドが付いているということが非常にうれしいです。スタンドが無ければ、手に持って実況プレイをしなくてはいけませんからねww(無理無理w)

それでは、そろそろ動画の作成に必要な高音質PC用ボーカルマイク「ECM-PCV80U」について説明する記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
動画の作成に必要な高音質PC用ボーカルマイク「ECM-PCV80U」を買ってみた!
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事