FFFTPの基本的な使い方・ホスト設定してファイル転送する方法(エックスサーバー編)

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

photos-315172_1280

どうも、こんにちは!橋尾です。

今回は、FFFTPというファイル転送ツールを使って、エックスサーバーのFTPにいつでもアクセスできるように設定をしておく方法について、記事にしていきたいと思います!

FTPにいつでもアクセスできるようにすることによって、様々な恩恵を受けることができます。例えば、ワードプレスの大切なデータをバックアップしておいたり、404エラーなどが起こった時に、その問題を解決させる時に使うなどなどの用途がありますね。

そういった、痒いところに手を届かせるため、FTPにいつでもアクセスできるようにしておくと、いざというとき便利なので、是非これを機にFFFTPをインストールして設定をしておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

FTPとは

新しいSkitchファイル_072416_122313_PM

では初めに、FTPとはなんなのかについて説明しておきますね。FTPとはFile Transfer Protocol(ファイル・トランスファ・プロトコル)の略で、サーバーとユーザー間でファイルの転送をするためのプロトコルになります。

ユーザーのパソコンからファイルをアップロードして、FTPサーバーからファイルのダウンロードをします。ホームページなどの作成時に、FTPソフトを使ったりするんですね。僕の場合は、ワードプレスでファイルの修正をしたりするときに使います。

昔は、HTMLやCSSを自分で書いてウェブスペースにデータをアップロードするという使い方が主流でしたが、今では「WIX」という簡単にホームページを作れるウェブサービスなどが存在するので、FTPを利用する機会が減ってきたと思われます。

ですが、パソコンで仕事をする人なら必ずFTPは使えるようにしておいたほうがいいですね。もしもという時にとても役立つ知識なので、もっと詳しく知りたいという人は「FTP」で検索をかけてみましょう!

FFFTPの設定方法

それでは、FTPでファイルの転送をするために必要な、FFFTPというツールの使い方の説明をしていきます。

まずこちらの、「窓の杜」というオンラインソフトウェアを紹介するウェブサイトへアクセスしてください。

FFFTP – 窓の杜ライブラリ

スクリーンショット_072416_110000_PM

窓の杜にアクセスしてもらうと、FFFTPの通常バージョンと、64bitバージョンがありますので、あなたのパソコンにあったものをダウンロード・インストールしましょう。

新規ホストの設定

スクリーンショット_072416_111249_PM

インストールができたらFFFTPを起動して、「新規ホスト」ボタンをクリックしてください。

スクリーンショット_072416_114322_PM

ホストの設定画面がでてきますので、各空欄に指定の文字を入力していきましょう。

※「ホストの設定名」には、あなたがわかりやすいと思う名前を付けてあげましょう。番号を振り分けている場所は、エックスサーバーの重要メールに記載されています。

スクリーンショット_072516_124621_AM

FTPのホストやパスワードなどは、エックスサーバーに登録した時に重要メールとして、メールが送られてくるのでそれを探して記入ください。

スクリーンショット_072516_124943_AM

各空欄に、指定の文字を入れたら「OK」ボタンを押して先へ進みましょう。

スクリーンショット_072516_010249_AM

OKボタンを押すと、FFFTPのトップ画面に戻ります。そしたら、接続したいホストを選んで、「接続」ボタンを押しましょう。

WS000192_072516_011414_AM

初めてホストに接続をすると、暗号化の有無について問われます。ここは、「はい」を押して先へ進めば大丈夫です。

初期フォルダの設定

スクリーンショット_072516_015453_AM

ではお次に、ファイルの転送をスムーズに行えるようにするために、初期フォルダの設定をしていきましょう。まずは、設定したいフォルダをクリックしてください。

スクリーンショット_072516_020127_AM

指定のフォルダを開くと、また色々とフォルダが現れます。ここで、ファイルの基本的な転送を行う初期フォルダを指定したいので、「public_html」をクリックしましょう。

※「public_html」とは、ウェブページ専用のディレクトリで、ホームページに必要なフォルダを格納する場所になります。

スクリーンショット_072516_095003_AM

「public_html」フォルダにいる状態で、「接続」をクリックして「ホストの設定」を選びましょう。

スクリーンショット_072516_101540_AM

ホスト一覧が表示されますので、右側にある「設定変更」をクリックします。

スクリーンショット_072516_103505_AM

ホストの設定画面が開きますので、「現在のフォルダ」をクリックして「OK」ボタンを押してください。

スクリーンショット_072516_103314_AM

そして、もう一度接続を押すと、「public_html」に接続された状態を維持して、スムーズにファイルの転送などが行えるようになります。

以上で、FFFTPの基本的な設定は終わりです。次は、ファイルのアップロードとダウンロードについて説明していきましょう!

ファイルの転送方法

では設定が終わりましたので、次はファイルの転送方法について説明していきますね。

このファイル転送が使えるようになれば、いざという時、非常に役立ちます。僕が、ワードプレスのプラグインでエラーを起こした時に、何度もFFFTPに助けられました(笑)

ダウンロード

ファイルのダウンロードと、アップロードはとても簡単に行えます。とりあえず最初は、「index.php」のファイルでもダウンロードしてみますか。

スクリーンショット_072516_115243_AM

ダウンロードしたいファイルをクリックして、左上にある矢印ボタン(ダウンロードボタン)を押すだけです。

スクリーンショット_072516_115550_AM

これでファイルのダウンロードが完了しました。あとはメモ帳などのテキストエディタで開いて、異常がでたコードの部分を修正して再アップロードしてあげればエラーが直ります。

アップロード

それでは、ファイルのアップロードをする方法について説明していきます。ファイルのアップロードはダウンロード同じく、とても簡単です。

スクリーンショット_072516_121229_PM

まずは、アップロードさせたいファイルを選択します。そして、左上にある矢印ボタン(アップロードボタン)を押してあげるだけです。

すると、ファイルのアップロードが開始されます。以上で、ファイルのアップロード方法は終わりです。

※レンタルサーバーの差異によって、ファイルのダウンロードや、アップロードに時間がかかる場合があります。

まとめ

FFFTPの使い方は、だいたいこれだけ覚えておけば大丈夫です。FFFTPを使ってるうちに、色んな使い方を覚えると思われます。とりあえず、基本的な使い方さえ把握しておけば、あとあと心強い味方になってくれることでしょう。

それでは、そろそろFFFTPの基本的な使い方についての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする