GooglePlayコードでスマホの有料アプリを買う方法

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

tablet-1939255_1920

どうも、こんにちは!スマホのドラクエにハマっている橋尾渡(@hashio_wataru)です!

スマートフォンのアプリである、ドラゴンクエスト1をGooglePlayで買ってみました!有料アプリなんですけど、コンビニでコードを買いに行く必要があるんですよね。

そこで今回は、GooglePlayコードを買った後のやり方を、ご紹介していこうと思っていますので、この記事を読まれた方は、是非1500円分のコードをご購入してみてください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

GooglePlayカード

P3170601_031717_113744_AM

上記の写真で、右側にあるのが、GooglePlayのカードです。1500円から、10000円などの種類があるので、コンビニで、色々と見てみるのもいいですね。今回は、1500円分のコードを買いました。

P3170602

GooglePlayのカードです。下に付いているクレジットカードを、取り外してください。

P3170604_031717_114655_AM

GooglePlayからカードを取り外して、裏面を見てみると、「削るとコードコードをご覧いただけます」と書いてあります。そこを、10円などの硬貨で削ってみてください。

P3170606_031717_115202_AM

裏面の銀紙を削った状態になりました。ここに記載されているコードを、有料アプリの記入欄に入れましょう。すると、1500円分のゲームをプレイすることが可能になります。

GooglePlayコードを入れてみる

次は、ドランクエストの有料アプリを購入する手順を書いていきますね。

Screenshot_20170317-102830

まずは、スマホのアプリケーションを起動します。これが、ドラゴンクエストのポータルです。ドラゴンクエスト①②③と下の方にありますね。僕は一番左にある①を購入しました。

Screenshot_20170317-102851

ドラゴンクエスト1をタップすると、「購入する」というポップアップが表示されるので、そのボタンをタップしましょう。

Screenshot_20170317-102859

ドラゴンクエストのコードを入れるために、「次へ」をタップします。

Screenshot_20170317-102907_031717_122803_PM

次へをタップすると、3つ項目がでてきます。今回は、GooglePlayカードを買ったので、「コードの利用」をタップしましょう。

Screenshot_20170317-102911_031717_122830_PM

コードの入力画面がでてきました。ここで、先程の銀紙を削ったコードを入れてください。そして、コードを利用をタップします。

Screenshot_20170317-103310_031717_121304_PM

1500円分の入金画面がでれば、ドラゴンクエストを購入できます。あとは、確認ボタンをタップすれば、ドラゴンクエスト1をプレイすることが可能でしょう。

Screenshot_20170317-103425

ここで、ドラゴンクエスト1を購入します。「購入」ボタンをタップして次へ。

Screenshot_20170317-103443_031717_121526_PM

ここは、パスワードを入れる画面です。あなたのGooglePlayパスワードを入力して、確認ボタンをタップしましょう。

Screenshot_20170317-103457

すると、「アプリで遊ぶ」という画面がでてきます。これで、全ての過程が終わりました。あとは、ドラゴンクエストで遊ぶだけです。

Screenshot_20170317-103530

GooglePlayの使い方も覚え、残すは、ドラゴンクエストワールドの旅をするだけです。いろいろとモンスターがでてきますので、敵を倒し、お姫様を助けてあげましょう。

終わりに

以上で、GooglePlayコードの購入の仕方や、アプリでコードを入れる方法は終わりになります。意外と簡単にできましたね。ややこしいことはないと思われますので、コンビニで店員さんにカードを渡して料金を支払いましょう。

それでは、そろそろGooglePlayコードの使い方・スマホで有料アプリを買ってみよう!の記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

↓下記のリンクからもGooglePlayコードを買う事が可能です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事