革のベルトにミンクオイルを塗ってみた!革に栄養を与えて長期で使えるようにしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

P3210635

どうも、どうも、こんにちは!今日は雨が降っていて少し眠い、橋尾渡でっす!

革のベルトに、あなたはしっかりとオイル付けていますか?腰に巻くベルトなので、ズボンとこすれて、どんどんオイル成分が失われていくんですよね。しかも、今は寒い時期なので、余計に脂分を無くしていくんです。

なので、今回は、革のベルトにオイルを付ける手順を記事にしていこうと思ってます。どうぞよろしくお願いします^0^/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オイルを付ける手順

P3200625

それでは、最初にミンクオイルと、革製のベルトを用意しましょう。革のベルトがシミになっていますが、気にしないのでください。腰に付けるものなので、見えないですからね。

P3200626

ミンクオイルを用意したら、キャップを外して、塗る準備をしましょう。僕のオススメは、指で塗ることです。なぜなら、指の温かみで、オイルが溶けて、皮革製品に栄養が浸透するからです。

P3200627

次に、先端部分についている金具部分の所を、外してください。僕の革ベルトは、パチッと外せるタイプのベルトです。もし、このように取り外しができない場合は、そのままオイルを塗っていきましょう。

P3200628

金具を外したら、さっそくミンクオイルを塗り込んでいきましょう。指でオイルをすくって、全体に軽く塗り込んでいきます。たくさん塗ってしまうと、先程の写真のようにシミになってしまうので、うすーく伸ばして、オイルを塗ってください。

P3200629

オイルを塗り終えたら、日にあたらない場所で1日放置しておきます。日に当てると、それこそシミになどの原因になってしまうので、陰で新聞などをひいて置いておきましょう。

終わりに

1日革のベルトを、放置しておいたら、あとは布でミンクオイルを拭き取ります。それで、オイルを塗っていく手順は終わりです。手順って言っても、オイルを塗って放置しておくだけですけどね(笑)

それでは、そろそろ革のベルトにミンクオイルを塗ってみた!革に栄養を与えて長期で使えるようにしよう!の記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする