モバイルフレンドリー対策をしていますか?これからはスマホの時代、PCページは化石化しますよ!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

search-engine-optimization-586422_1280

こんにちは、橋尾です。あなたは、「モバイルフレンドリー」という言葉を聞いたことがありますか?モバイルフレンドリーとは、Googleが2015年の4月に導入した検索結果のランキングに影響する評価基準のことです。名前の通り、モバイル向けの評価基準になります。

評価基準になる要素はいくつかあり、その基準を満たすサイトが、今後、検索結果の上位として表示されていくんですね。Googleの公式ブログに、その基準が載っているので見てみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

モバイルフレンドリーの評価基準

それでは、Googleの公式ブログにモバイルフレンドリーの評価基準が書かれていますので、こちらをご覧ください。

mobilefriendly

Googlebot によってクロールされ、以下の条件を満たしたページは、[スマホ対応] ラベルが適用される可能性があります。
・携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
・ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
・ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
・目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること

検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

モバイルフレンドリーとは詰まる所、スマートフォンから見て快適なサイトを今後は指示していきますよ!という、Googleのウェブ全般スマホ化計画なんですね。

シンプルに考えれば簡単ですよね。スマホがどんどん普及していき、これから、ほとんどのユーザーがスマホで検索することになるでしょう。スマホユーザーばかりなのに、PCページがでてきたらおかしいですよね。だから、これからはモバイルフレンドリーのサイトが有利になるのです。

僕は、WordPressの「Simplicity」というテーマを使っているんですが、これはモバイルフレンドリーに対応しています。モバイルフレンドリーに対応しているテーマはいくつかあり、その中でも「STINGER」や「Simplicity」は有名ですね。

WordPressを利用しているなら、必ずモバイルフレンドリーに対応しているテーマを使いましょう。それでも、対応していない気にいったテーマを使いたい場合は、モバイル対応できるプラグインがありますので、そちらをインストールしてください。

あなたのサイトが、モバイルフレンドリーに対応しているかどうか確認したい場合、こちらの『モバイルフレンドリーテスト』を利用して下さい。モバイルフレンドリーに対応していれば、「問題ありません。このページはモバイル フレンドリーです。」という表示がでてきます。

ページの表示速度が評価の対象に

今後、モバイルフレンドリーで重要になってくる要素は「ページの表示速度」です。それは何故かと言うと、SEO情報を提供している「Kenichi Suzuki」氏の記事にこうあります。

表示速度そのものは、微々たるものながらランキング要因にすでに組み込まれています。
しかし、モバイル検索結果であってもPC向けページの表示速度が評価の対象として用いられていました。

つまり、スマホ向けページがどんなに高速だったとしてもPC向けページが”激遅”なら、モバイル検索でも評価が下がりえます。
逆も真なりで、スマホ向けページが遅かったとしても、PC向けページさえ速ければGoogleのランキングという観点では問題にはなりません。

不条理といえば不条理で、Googleもこの点は認識していました。
ようやく、モバイル検索においてはスマホ向けページの表示速度が評価の対象になるという理にかなった状態になりそうです。

Googleの次のモバイフレンドリーアップデートでは表示速度がランキング要因になる可能性あり

最後の一文に、「スマホ向けページの表示速度が、評価対象になる」と書かれていますね。つまり、モバイルのページ表示速度が、検索順位に多少ながら関わってくるということです。

今までは、PCページの速度さえ意識していればよかったでしょうが、もうこれからの時代はスマホを意識して、サイトを作っていかなければなりません。

Googleも馬鹿ではありませんから、どんどん評価基準も進化していくんですね。Googleの進化と共に、僕たちも進化していかなければ、時代に取り残されてしまうことでしょう

なので、ページの表示速度の対策をしないと駄目です。ページの表示速度については、基本的にキャッシュ関係になります。そこらへんをいじってあげれば、表示速度が確実にあがっていくので安心してください。

ですが、キャッシュ関係をいじると、ページにエラーを生じさせることが多々あるようなので、バックアップを取り、自己責任でお願いします。

まとめ

モバイルフレンドリーの重要性を理解していただけたでしょうか。とにかく、今できることはスマホページ向けにサイトを最適化することです。そうすれば、検索結果で順位を落とされる心配は多少減ることでしょう。

検索結果のランキングについては、モバイルフレンドリーも大切ですが、やはり一番重要な要素は、ユーザーにとって価値のあるサイトを作ることなので、それを意識することが大事ですね。

でもとにかく、モバイルフレンドリーの対策は絶対にしておきましょう。それが、ユーザーにとってサイトを訪問するときの便利さに繋がるので、対策必須です!

次回の記事は、ページ表示速度の上げ方についてを書いていきますね。それでは、そろそろモバイルフレンドリーについての記事を終わりたと思います。ありがとうございました!

ページの表示速度を46から76まで上げた方法を大公開!(モバイルフレンドリー対策)
どうも、橋尾渡です!前回の記事で、モバイルフレンドリーがどれほど重要なのかについて言及しましたね。その中でも、今後の評価基準でモバイ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
モバイルフレンドリー対策をしていますか?これからはスマホの時代、PCページは化石化しますよ!
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事