PagePluginで「エラー: FacebookページのURLが無効です。」と表示されて使えない時の解決法を大公開!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

facebook-76536_1920

どうも、こんにちは!橋尾渡(@hashio_wataru)です。

さて!今回はFacebookのPagePluginを使いたいのに「エラー: FacebookページのURLが無効です。」という表示がでてきて使えない時の解決法・表示させる方法を僕が伝授しちゃいます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

PagePluginとは

11057178_955752887777717_1517751206_n

PagePluginとはFacebookの個人ページを宣伝するために用いられるウィジェットの事ですね。これを使う事によって「いいね」ボタンや「シェア」ボタンを押してもらいやすくなったり、Facebookのタイムラインを表示して情報をいち早く提供することができます。

個人ページを設定することによって、ファンとの繋がりも構築できるので大変役立ちます。「いいね」ボタンを押せばその人の最新情報がトップ画面に表示されるので、見たい人のページには「いいね」ボタンを押しておきましょう。

「PagePlugin」は一度改名されていて、前の名前が「LikeBox」だったらしいです。なんで名前を変えちゃったんですかね?PagePluginのほうがしっくりきたのでしょうか(笑)

僕的にはLikeBoxのほうがFacebook感があって好きだったかなぁ~。まぁ、そんなことはどうでもいいですね。使う事ができればなんでもOKです!

ですが、いざ使おうとしたら使えないという問題が発生してしまいました。FacebookのマイページURLをPagePluginに貼り付けたらエラーが発生してしまいます。おかしいですねぇ…。

スクリーンショット_040816_091720_PM

何度も何度もURLを入れ直しましたが「エラー: FacebookページのURLが無効です。」と表示されるし、「Get Code」でブログにコードを貼り付けてみても当然「エラー: FacebookページのURLが無効です。」と表示されて全く使うことができません。

スクリーンショット_040816_100802_PM

何度やってもうまく表示されないので一度諦めてしまったハシオなのですが、模索しているうちにページを表示する方法がわかってしまったのでこれからその方法をご説明いたします!

Facebookページの作り方

PagePluginを使うには、一番最初に「FaceBookページ」というものを作らないといけないらしいです。なので今からFacebookページの作り方を書いていきますね。

WS000113_040816_105607_PM

まずは、Facebookの公式ページに移動しましょう。メインページの右上に「鍵マーク」があるのでそれを押します。すると、メニューがいくつか表示されるので「ページ作成」を押しましょう。

スクリーンショット_040816_112409_PM

「ページ作成」を押すと、各ジャンルのボタンが表示されます。ここで、あなたのサイトに適したジャンルを選んでクリックしましょう。

スクリーンショット_040816_113221_PM

ジャンルを選んだらカテゴリ選択と会社名を入力する項目が現れます。カテゴリはあなたのサイトのカテゴリを選びましょう。そして会社名にはあなたのサイト名を入力すればOKです。それが終わったら「スタート」を押して先へ進みましょう。

WS000103_040816_114126_PM

設定をするページに移動しました。あなたのサイト概要を上の空欄に記入して、下の空欄にはあなたのウェブサイトURLを入れましょう。そして、「保存」ボタンを押します。

WS000105_040816_114923_PM

次に、プロフィール写真を付けましょう。「コンピュータからアップロード」を選択して、表示させたい画像を選びます。僕の場合はいつも通り似顔絵写真を選びました。

WS000107_040816_115920_PM

ここで最後の設定になります。ページの優先ターゲットは少し分かりづらいですが基本的にそのままの設定で大丈夫でしょう。地域は日本で年齢と性別はそのまま、趣味・関心は全てにチェックを入れました。そして言語は日本。これで大丈夫です。ページを見せたい層を指定する人だけ細かく設定しておきましょう。

WS000111_040916_120311_AM

これで個人ページ(Facebookページ)の作成が完了しました。このFacebookページを作ることにより、PagePluginが使えるようになります。

PagePluginの使い方

さて、準備が整ったところでさっそくPagePluginをサイトに貼る付ける作業に取り掛かりましょう。では、下記のサイトへ移動します。

スクリーンショット_040916_124928_AM

PagePluginのサイトへ移動すると、既にURLが記入されていますね。今まで表示されていなかったプレビュー欄に、はっきりとPagePluginが表示されるようになりました。

スクリーンショット_040916_125814_AM

ページを下にスクロールすると「Get Code」というボタンがあるのでそれを押してください。

スクリーンショット_040916_011454_AM

コードを取得するボタンを押すと2つのコードが現れましたね。1番目のコードは「HTMLのBODYにタグを貼り付けてください。」と書かれています。なので、ワードプレスの場合はテーマの編集で貼り付けてあげましょう。

1番目のコードを貼り付けることができたら、2番目のコードをサイドバーやフッターなどに貼り付けてみましょう。2番目のコードがPagePluginのウィジェットコードになります。ではこのウィジェットコードをここに一度貼り付けてみましょうか。

ご覧ください、コードを貼り付けるとこのようにPagePluginが表示されます。是非今のうちに「いいね」ボタンを押して橋尾渡のファンになっておいたほうがいいですよ!(笑)

これでようやくエラー表示を解決しコードを貼り付けることができましたね。あとは縦幅、横幅など、好みの設定を加えて表示させたい場所にコードを貼り付けるだけです。オススメ位置は記事の下あたりでしょうか。サイドバーでもいいかもですね^0^/

まとめ

以上で「エラー: FacebookページのURLが無効です。」が表示されて使えない時の解決法は終わりです。最初はどうしたらいいのかわからず悪戦苦闘していましたが、やり方さえ分かってしまえばあっという間ですね!

FaceBookの基礎を覚えるためにも早い段階で詳しい解説をしている本を読んでおきましょう。そうすれば後々助かることがあると思います。まだまだ僕たちの知らない機能はたくさんあるでしょうね。

それでは、そろそろPagepluginの記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事

コメント

  1. togelmaster hk より:

    Excellent article. I definitely appreciate this site.
    Keep it up!