オイル不要のハイスペックバリカンで坊主にしよう!水洗いOKで切れ味持続・コスパ最強バリカン!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

P6110209

どもっ!どもっ!1年中坊主頭の橋尾渡(@hashio_wataru)でっす!

以前使っていたバリカンの切れ味がとうとう悪くなってしまったので、新しいバリカンを買っちゃいましたよ!

その名も「フィリップス電動バリカンヘアカッター」!!

いやぁ、僕は常に坊主頭にしていて、1週間に1回はバリカンを使うんですよね。1ヶ月の間に4回も髪の毛を切るってことになるから、すぐに刃が悪くなってきちゃうんですよ。

そこで、考えたのは。こんなにも頻繁に使う日用品だから、刃がすぐに悪くならない、コスパのいい優れたバリカンを買ってやろうと、思ったわけです。そして、見つけてしまいました。フィリップスの電動バリカンヘアカッター…。

Amazonでバリカンを調べてみたら、トップにでてきて一目惚れしてしまいましたね。評価も高いし、前買ったバリカンも、フィリップス社のものなので、そりゃぁワンクリック購入しちゃうでしょ(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

HC3400/15の特徴

P6110208

フィリップスの電動バリカンヘアカッターには、いくつかの特徴あります。今から、バリカンの優れた特徴を、一つずつ書いていきましょう。特徴を知ってしまったあなたは、きっとこのバリカンを欲しくなるはずです(笑)

カット性能2倍

P6110212

このバリカンは、フィリップス社の旧バリカンと比べて、カット性能が2倍になっているようです。刃の角度を大きく改良して、さらに刃の間にはボール型ベアリングを採用することによって、摩擦を減らしているんですね。

そうすることによって、スムーズなヘアカットが可能になっているわけです。ヘアカットがスムーズにできなかったら、凄くストレスが溜まりますもんね。ですが、このバリカンでは、そういった悩みを解消してくれるんです。

自動研磨システム

これは、僕が最も嬉しいと思った機能ですね。だって、前持っていたフィリップスのバリカンは、こんな機能ありませんでしたもん。それに、今回新しいバリカンを買った理由が、切れ味の衰えですからね。

その、切れ味の衰えが無くなると言えば大袈裟ですが、自動研磨機能があることによって、切れ味が長持ちするんですよ?!凄くないですか?(笑)

僕の予想ですが、2年くらいは持つんじゃないでしょうか…。使い方と、手入れに気を付けていれば2年だって、3年だって持つでしょう。要は、使い方次第です。大切に使っていきましょう!

段階の調節

P6110218

このバリカンには、段階調節が12段階あり、取り付けのコームを使用することによって、1mmから23mmまでの調節が可能になるようです。

P6110222

僕はいつも五厘刈りをしているので、コームは一切使いません。男は黙って、五厘刈りです!最近のモテモテ男子のトレンドは、五厘刈りのスーパーナイスガイですからね(大嘘)

※段階の調節は2mm毎になります。それと、コームは少しズレやすいとの情報がありますので、気をつけて使いましょう。

充電不要のコード式

前回買ったバリカンもコード式だったんですけど、充電する待ち時間がなく、すぐに使えるのでいいですね。ですが、充電式のタイプもコードを刺しっぱなしにすれば、すぐに使えるので特にメリットを感じません。

HC3410のコードの差し込み口は、少し硬かったんですけど、HC3400/15のコード差し込みはスッと入って入れやすかったです。コードに関してはそれくらいですね。

水洗いOK

このバリカンは水洗いOKなんですが、水洗いOKというのは刃の部分だけですので、本体を水で洗ってしまうと故障の原因になってしまいます。なので、刃の部分を取り外して刃のみを洗ってあげてください。

僕は水洗いをする時、付属のブラシと一緒に洗っています。そうすることによって、詰まった毛を、しっかりと落とすことができるのでおすすめですよ!

オイル不要

P6120231_061216_111129_AM

僕が、2番目に嬉しいと思った機能はこれです。オイルが一切不要なんです。前使っていたバリカンは、使用後必ずオイルを差さないと、ガチガチになってしまい上手く刃が動いてくれないんですよね。

ですが、今回買ったHC3400/15バリカンは、オイルが全くいらないという点が素晴らしいです。洗った後は、そのまま乾かせばいいだけなんです。もし、不安ならばオイルを差してもいいかもしれませんね。

でも、自動研磨機能もあることだし、やっぱりオイルはいらないんじゃないでしょうか。そこは、あなたの考え次第です。調子が悪くなってきたら、オイルを差してみてもいいかもですね!

バリカンを使ってみた

では、実際に今からバリカンを使ってみます。

コンセントにコードを差しこんで、電源を入れてみたところ、かなり力強い振動が伝わってきました。パワーは、以前のバリカンの1,5倍ほど強く感じます

どうでしょうか。前髪部分だけ切ってみました。ガッツリ五厘になっていますね。切れ味に問題はなさそうです。よくわかりませんか?じゃあもう少しだけ切ってみましょう。

これでわかりますかね。サッカーボールみたいにしてみました。なかなかの切れ味でしょう?サッカーボール頭では流石に恥ずかしいので、この後丸刈りにしました。

ちなみに、手以外を公開するのはこれが初めてです。手以外を公開するのは、かなり抵抗がありますが、身を挺さないとバリカンの良さが伝わらないので、公開してみました。

バリカンを使った後は、水で刃をしっかりと洗いましょう。そして、乾かします。バリカン本体に残った毛は、掃除機を使うと簡単綺麗に取れますよ!付属のブラシでやるのもいいですが、面倒なので僕は掃除機で吸っちゃいます(笑)

まとめ

いかがでしょうか。フィリップスの電動バリカンヘアカッターの良さが伝わりましたかね?ちなみに、Amazonで「バリカン」と検索すると、(2016/06/12)現在1位に表示されています。それだけ人気があるバリカンということがわかりますね。

お値段のほうも、1,500円程度で買えるのでだいぶコスパがいいですね。前使っていたHC3410は、2,800円くらいしました。技術が進化して、更に値段も安くなるってヤバくないですか(笑)きっとそれだけ売れているということでしょう。

それでは、そろそろフィリップスの電動バリカンヘアカッターについての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事