Revive Old Postを使って過去の記事をツイッターに投稿して読んでもらおう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スクリーンショット_070316_032109_PM

ども~、こんにちは!橋尾渡です!

ワードプレスで、今まで書いてきた記事って読まれている記事と、読まれてない記事がありますよね?全ての記事に全力を注いでいるのに、全く読まれていない記事があると、なんだか不公平な感じがしますよね。

そんな全力を注いだ良記事(自称)を、もっと多くの人に読んでもらいたい。あまりにも、過去の記事たちが可哀想だ…。不遇の記事たちを救ってやりたい。そういうときには、こいつの出番です!

Revive Old Post!

Revive Old Postとは、過去の記事をFaceBookや、TwitterなどのSNSに自動で再び投稿してくれるワードプレス専用のプラグインなのです!このプラグインがあれば、今まで書いてきた全く読まれていない記事をSNSに投稿して、多くの人に読んでもらうことが可能です。

多くの人に記事を読んでもらい多くのシェアをもらうことができれば、Googleの評価も上がり検索の上位に表示される可能性がでてきます。そういう素晴らしいチャンスを作ってくれるとても有益なプラグインなんですね。

基本的には無料で使えますが、一部の機能については有料になります。それでは、これから「Revive Old Post」をインストールしていきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Revive Old Postをインストールする

まず、ワードプレスを開いてプラグインの追加画面に移動してください。

スクリーンショット_070416_023918_PM

プラグインの追加画面に移動したら、右上の検索ボックスに「Revive Old Post」と入力して検索しましょう。

スクリーンショット_070416_034416_PM

Revive Old Post (Former Tweet Old Post)というプラグインが左上に表示されるので、インストールボタンを押してください。

スクリーンショット_070416_041743_PM

インストールボタンを押して、インストールが完了しましたら、プラグインを有効化しましょう。

スクリーンショット_070416_042559_PM

プラグインを有効化すると、左側にあるメニューの中に「Revive Old Post」というメニューが追加されます。あとは、ここから設定など行います。

Revive Old Postの設定

スクリーンショット_070416_051456_PM

では、Revive Old Postをインストールすることができましたので、左側のメニュー内にある「Revive Old Post」を選択してください。

アカウントの追加

スクリーンショット_070416_052413_PM

Revive Old Postを押してもらうと、まず初めにアカウントの追加画面がでてきます。今回は、ツイッターのアカウントを追加したいので、一番上にあるツイッターのボタンを押しましょう。

スクリーンショット_070416_054005_PM

すると、ツイッターとRevive Old Postの連携画面がでてくるので、ボタンを押して認証してやりましょう。

スクリーンショット_070416_054922_PM

連携ボタンを押しますと、あなたのアカウントが表示されます。これで、アカウントの追加は完了です。

自動ポストの設定

アカウントを追加することができたら、次は自動ポストの細かな設定を行っていきましょう!

スクリーンショット_070416_062629_PM

上部メニューにある「General settings」を選択してください。ここで、自動ポストする間隔や、除外するカテゴリーなどを設定することができます。

スクリーンショット_070416_070119_PM

各設定については、画像を参考にして下さい。

スクリーンショット_070416_070814_PM

一部有料機能があって、選択が不可能になっております。基本的には、そのままの設定でも大丈夫でしょう。

スクリーンショット_070416_071404_PM

あなたのオリジナル設定が終わりましたら、下にある「SAVE」ボタンを押して、設定を反映させましょう。

スクリーンショット_070416_071504_PM

そして最後に、「START SHARING」ボタンを押せば、自動ポストが開始されます。

スクリーンショット_070416_072347_PM

「START SHARING」ボタンを押したら、このような感じで投稿されました。初期設定では、8時間ごとに自動ポストされます。時間の間隔が短すぎてもタイムラインの邪魔になるので、8時間が適当でしょう。

スクリーンショット_070416_083411_PM

上部にあるLogというメニューを選択すれば、いつ何時何分に自動ポストされたのか確認することができます。

そして、右側に残りの時間が表示されていますね。僕は8時間で設定したので、残り7時間16分後には記事がランダムでツイッターに自動ポストされます。

タイトルに過去記事の文字を付け足す

あと、過去の記事をSNSに投稿する時、タイトルがそのままでは季節感などに合わない書き出しなどがあって、不自然な投稿になってしまう場合があります。

そういう問題を解決するため、タイトルの前に「過去記事」という文言を付け足し、誤解を招かぬよう最初から設定をしておきましょう!

スクリーンショット_070416_094335_PM

上部メニューにある「Post Format」を選んでください。その中にある「Additional Text」の項目に【過去記事紹介】などの文言を付け足して、過去の記事であることを示しましょう。

スクリーンショット_070416_095911_PM

下にある「SAVE」ボタンを押してから「SEE SAMPLE POST」をクリックすれば、ポストのサンプルを見ることができます。一度押してみましょう!

スクリーンショット_070416_100024_PM

すると、このようにサンプルポストが表示されるので、付け足した文字の最終確認を行いましょう。上手く文字が表示されていますね。次回からこの付け足した文字と一緒に自動ポストされます。

まとめ

以上で、基本的な「Revive Old Post」の使い方は終わりです。ツイッターなどを見ていると、プロブロガーの人たちも過去記事を再投稿してるのをよく見かけますよね。やっぱり、効果があるのでしょう。

なので、僕たちも過去記事を自動ポストしてやって、多くの人に記事を読んでもらう努力をしましょう!一つ助言があるとすれば、過去記事でも少し修正してから自動ポストをしたほうがいいかもしれません。

スクリーンショット_070416_101618_PM

Exclude Postsというメニューを選択すれば、一つ一つの記事を除外設定できるので、見せたくない記事があればここで除外設定をしておきましょう。

それでは、そろそろRevive Old Postを使って過去の記事をツイッターに投稿して読んでもらう記事について終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
Revive Old Postを使って過去の記事をツイッターに投稿して読んでもらおう!
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事