Simplicityの404ページをカスタマイズして回遊率と収益を望み薄だが上げる方法

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

hat-1388360_1920

どうも、こんにちは!日々睡魔と闘いながらブログ活動をしている橋尾渡(@hashio_wataru)です!

今回は、Simplicityの新機能で404ページをカスタマイズできるようになったらしいので、いろいろと404ページに付け加えていきたいと思います!Simplicity2.1.5のバージョンアップからできた、新機能のようですね。

スクリーンショット_051916_030331_PM

今までの404ページは、「404 NOT FOUND」という画像しか表示されていませんでした。ですが、カスタマイズできるということは、好みのウィジェットを付け加える事ができるということです。例えば、人気記事や、新着記事など、いろいろ付けることができるのです。

あと、404という画像を変えることもできるようになりました。あなたの好みの画像に変えたり、何かに誘導する文字を書いた画像に差し替えるってのもありですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ウィジェットを入れる

それでは、さっそく404ページにウィジェットを付け加えていきましょう!

スクリーンショット_051916_033635_PM

まず、いつも通りWordPressの管理画面を開き、外観から、ウィジェットをクリックします。そして、あなたが404ページで表示させたいウィジェットを、4番の場所まで持って行ってやるだけです

スクリーンショット_051916_034732_PM

手始めに、新着記事のウィジェットでも入れてみましょうか。ウィジェットを404ページの場所に移動させ、設定をしてから保存ボタンを押してください。そして、404ページを開くため、適当なURLを記入します。

スクリーンショット_051916_035609_PM

『http://hashio-wataru.com/aaaaa/』という存在しないページのURLを入力してみました。すると、先程追加した新着記事のウィジェットが表示されていますね。ここに、あとは同じ要領でウィジェットを追加していくだけです。

もしもどこかで404ページが開かれた場合、こういったウィジェットを追加することによって、ユーザーの道しるべとなり回遊率の向上に繋がります。絶対にしておいたほうがいい対策ですね。

広告を入れる(×)

404ページにウィジェットを追加することができましたので、次はアドセンスの広告でも入れてみましょうか。Simplicityテーマの場合は、PC広告とスマホ広告を分けることができるので、PCとスマホ別々にそれ専用の広告をいれてみましょう

スクリーンショット_051916_050639_PM

こんな感じで、パソコンだけに表示する広告枠と、スマホだけに表示させる広告枠があります。なので、今回はパソコン用にカスタムサイズ広告と、レスポンシブ広告を入れて。モバイル用には、レクタングル中を入れていきたいと思います。

スクリーンショット_051916_051741_PM

では、404ページにカスタムサイズの広告を入れるので、幅680pxと、高さ300pxのカスタム広告を作っておいてください。これは、Simplicityの基本的な横幅なのでこの設定にしておいてください。

と、ここで問題発生しました!

なんと、コードを取得して404ページに広告ウィジェットを入れてみたところ、404ページでは広告が表示されないという事態が発生してしまいました。「カスタマイザーの広告除外設定を適用する」というチェック欄をいじってみましたが、何も変わりません。

これは仕様なのかわかりませんが、今のところ、広告ウィジェットを付け加えても表示されないということなので、Simplicityのバージョンアップで仕様が変わるのを待ってみましょう。今現在、最新のバージョンはSimplicity2.1.7です。今後に期待ですね。

画像を変える

広告が入れられないということがわかって少しショックですが、気を取り直して最後に画像の変更について説明させていただきます。

スクリーンショット_051916_055616_PM

WordPressの管理画面から、カスタマイズを選んでください。そして、レイアウト(全体・リスト)をクリックしてください。

スクリーンショット_051916_055700_PM

そして、レイアウトメニューの一番下までスクロールすると、404イメージという項目がでてきます。ここに、あなたの設定したい画像を貼り付けるだけです。

スクリーンショット_051916_055903_PM

試しに、コアラの画像でも入れて確認してみますか。画像を入れたら右上にある、「保存して公開」ボタンを押して更新しましょう。

スクリーンショット_051916_060120_PM

404ページを開いて、F5で更新してみます。すると、無事コアラの画像に変わりました。これで、画像の変更のやり方は終わりです。画像を元に戻したい場合は、「削除」ボタンを押せば元に戻ります。

まとめ

いやぁ、広告を入れることができなかったとは知りませんでしたねぇ…。まぁ、しょうがないでしょう。いずれアップデートで広告を入れることができるようになるかもしれません。気長に待っていましょう。

それと、わいひらさんの記事にもありますが、これは回遊率を大きく期待するものではありません。

ぶっちゃけ、404ページをどれだけ凝ったものにしても、サイト回遊率が、そこまで上がるものではないと思います。

そもそも、404ページは、そこまで人が来る部分でもないですし、404ページに人が多く来るようだと、それはそれで問題で、サイトの見直しをした方が良いと思います。

ただ、サイト回遊率は上がらなくても、404ページがある程度凝ったものだと、もし迷い込んだ人がいた場合は、「このサイト404ページもちゃんと設定しているんだな」くらいは思ってもらえるかもしれません。

Simplicityで404ページをカスタマイズする方法

飽くまでこれは、迷い込んだ人用のページですので、気合いを入れてカスタマイズしても自己満足に終わってしまいます。そんなことをするなら、記事をたくさん書いたほうがマシです。なので、ページ内検索と新着記事、人気記事くらいにとどめておきましょう!

それでは、そろそろSimplicityの404ページをカスタマイズする記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事