Simplicityに必ず入れておくべき18個のプラグインリスト大公開!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

wordpress-589121_1280

どうもこんにちは!橋尾渡@hashio_wataru)です!今回は僕がSimplicityのテーマに入れているプラグインを公開してみたいと思います!

Simplicityには元から便利な機能がたくさん付いているのでいらないプラグインなどもいくつかあります。公式サイトに不要になるプラグイン集が掲載されているのでURLを貼っておきますね。

今現在全部で18個のプラグインが入っています。プラグインを入れすぎてサーバーが重くなるのもややこしいのでこれくらいがベストでしょう。

基本的には全部無料です。有料機能もプラグインの中にありますが今回は全部無料のプラグイン機能のみです。ではさっそく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Akismet

スクリーンショット_032616_010055_AM

これはワードプレスをインストールした時に最初から入っている定番プラグインですね。APIキーを取得して入力するだけでスパムコメントをブロックしてくれる大変素晴らしいプラグインですw

これは絶対に有効化にしておきましょう。そうしないとブログがスパムコメントだらけで大変なことになります。

あと、他のプラグインとも連携もできます。ブログ快適生活を送るには必須プラグインといっても過言ではないでしょう。

BackWPup

スクリーンショット_032616_010241_AM

ワードプレスと言ったらエラーが頻発するので有名ですよね。そこで、バックアップをとっておくプラグインが必要なのです!

テーマの編集をしていて404エラーなどになってしまったときにこのプラグインが絶望の淵から救い出してくれることでしょう。とにかく、リスクヘッジ(危険回避)するためにこのプラグインも必須になってきますね。

僕の使っているXseverはバックアップ機能があるのですがバックアップデータを貰うのにお金がかかってしまいます。ですが、このプラグインは無料でバックアップできる優れもの!必ずいれておきましょうw

Broken Link Checker

スクリーンショット_032616_010320_AM

ぼく、結構これ気に入ってます。これはリンク切れのURLをお知らせ通知してくれるプラグインですね。

投稿した記事に挿入しているURLがリンク切れになったらメールでの通知やワードプレスのダッシュボードに表示してくれる非常に便利な仕様になっております。

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)的にリンク切れのあるサイトは低品質と判断されてしまいます。そして、検索エンジンから外されてしまうこともありますよね。

そういう低品質を回避するためにこのプラグインが役に立つんですね。なのでこれは外せない定番プラグインになります。入れておきましょう。

Category Order and Taxonomy Terms Order

スクリーンショット_032616_010405_AM

これは至ってシンプルなプラグインです。あいうえお順、アルファベット順に自動的にソートくれるプラグインですね。カテゴリーが多くなってきたときに役立つプラグインです。

例えばカテゴリーがいくつかあるとして

  • アリクイ
  • イグアナ
  • ウニ
  • エゾジカ
  • オラウータン

みたいな感じですかね、このように自動整理してくれるので是非いれてみてください。

Contact Form 7

スクリーンショット_032616_010441_AM

これはメールフォームを簡単に作れるプラグインですね。ブログをやるようになればいずれ広告会社からの掲載依頼などくるようになります。そういうときにこのプラグインがあれば簡単に連絡をとることができるのです。

それからコメント欄がないサイトだと投稿者と意思疎通をしようとした時にはメールを頼るしかありません。そういう時に役立つプラグインです。

僕が作ったお問い合わせフォームを見ていただければだいたいわかるかと思います。下にフォームのURLを貼っておきますね。

それからAkismetと連携も可能なプラグインです。連携をすることによって迷惑メール対策ができます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ

Crayon Syntax Highlighter

スクリーンショット_032616_010521_AM

これはプログラミングコードを綺麗に見せたいときに使うプラグインです。プログラマーさんのブログとか見てみるとよくこのプラグインを使っているのがわかりますw一回僕が試しに使ってみます。

どうでしょうか?だいたいおわかり頂けたと思います。ぼくはあまり使うことがないですがあったら便利かなっていうプラグインなので入れてみました。必要になったら使えばいいですねw

EWWW Image Optimizer

スクリーンショット_032616_010601_AM

これはかなり重要なプラグインのひとつです。何故かというと、画像のファイルサイズを圧縮してサーバーの負担を軽くして尚且つEXIF情報を消してくれるプラグインなのです!ワードプレスの世界ではかなり有名なプラグインですね。これを入れていない人はまずいないでしょう!

ブログを長い間更新し続けていくと画像も莫大な量になっていきます。ブログの見栄えを良くするためにアイキャッチ画像は絶対にいれていると思われます。そして、1日1記事ペースで更新したら1年に365枚分の画像がサーバーに負担がかかるわけです。

高画質のでっかいサイズの画像をボンボン挿入していたらどうなるかわかりますね?サーバーに制限がある所だと規制されてしまうかもしれません。そういう時にこのプラグインを使ってファイルサイズを圧縮して小さくしてやるのです。そうすることによってサーバーの空き容量がたくさん増えることが見込めます。

そして、気になるところは画質の問題なのですが…。画質に関しては劣るどころか全く影響はでませんwとりあえず、ワードプレスを始めたらいれておくべきプラグインです。是非とも入れておきましょう!

※サーバーによって使えないところもあります。(Hostingerのサーバーは使えませんでした。)

Google XML Sitemaps

スクリーンショット_032616_010643_AM

これはグーグルの検索エンジンにブログの更新情報を認識してもらうためのプラグインになります。記事を更新するたびにグーグルにサイトマップを送信する仕組みになっています。

そしていち早く検索エンジンに表示してもらうためにはこのプラグインが必要になってきます。SEO的に有利になりますので必ず入れておきましょう!

Jetpack by WordPress.com

スクリーンショット_032616_010717_AM

最近気になっていれたのがこのプラグインです。これは多機能プラグインですね。30種類以上の豊富な機能がこれひとつに全部詰まっています。僕の場合ほぼいらないと思う機能ばかりでしたがアクセス解析やSNSの自動投稿機能などが便利だと思い入れてみました。

最初にいくつかの機能が有効化されるので、あとから全部無効化にして1つずつほしい機能を詳細欄で確認して機能をONにしてみてください。そうすることによっていらない機能で重くなることが避けられるでしょう。

Pixabay Images

スクリーンショット_032616_010751_AM

これはフリーの素材を投稿画面で簡単に選べるプラグインです。僕が記事の一番上に使っている画像もこのプラグインで選びました。実はこれ、フリー素材のサイトなんです。

Pixabay

このサイトで無料素材を提供してくれます。このプラグインのいいところは、わざわざ公式のサイトに行かないでも投稿ページから画像を探せるところですね。

非常に重宝するプラグインなので是非いれてみてください。ブログが捗ること間違いなしですw

PS Auto Sitemap

スクリーンショット_032616_010824_AM

これは人がわかりやすいようにブログ全体を把握するためのプラグインです。サイトのカテゴリーや固定ページの一覧をまとめて表示してくれます。文字で知るより実際に見たほうがはやいですw

サイトマップのページ

サイトマップ

このように見出しのようになって直感的にどこになにがあるかを把握できます。いわばサイト訪問者のためのプラグインですね。ユーザービリティー(使いやすさ)向上のために入れておくべきでしょう。

PubSubHubbub

スクリーンショット_032616_010854_AM

このプラグインの読み方なんだと思いますか?「パブサブハブバブ」と読むんです、おもしろいですね。wこのプラグインはグーグルにいち早くインデックスさせるためのプラグインになります。特に設定もいらず入れておくだけでいいでしょう。

オリジナル記事をコピーされる前にグーグルにこの記事がオリジナルですよ!っていう事を伝える仕組みになっているようです。これは結構重要ですね、なので必須のプラグインと言えるでしょう。

SiteGuard WP Plugin

スクリーンショット_032616_010924_AM

これはワードプレスのセキュリティを強化するプラグインです。簡単にいえばログインページを強化するプラグインですね。ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)というパスワードを適当に何度も入れてくるハッカーに対して有効なプラグインです。

ログインページのアドレスを変えたり、ログインを何度も失敗したらエラーページを表示させるようにするセキュリティの必須プラグインです。ワードプレスは簡単に扱えるだけにハッカーもそれだけいるということです。

セキュリティ対策をしずにいると情報漏えいやデータ改ざんなど恐ろしい事態になってしまいます。なのでこれだけは最初に絶対にいれておくべきでしょう。インターネットは怖いですw

Table of Contents Plus

スクリーンショット_032616_010957_AM

ワードプレスのブログを見ていると結構使っている人も多いプラグインです。このページでも使われているんですが、上のほうに「もくじ」という一覧があると思います。それがこのプラグインの正体ですw

WS000000

こんな感じでズラーっとまとめて表示してくれます、ありがたいですね。目次はいらないなって思う人は入れなくてもいいです。必要な人はいれておきましょう!

ユーザービリティー(使いやすさ)は向上すると思われます。それから任意で消せる機能もあるので入れておいて損はないでしょう。なので僕はいれておきますw

WordPress Ping Optimizer

スクリーンショット_032616_011030_AM

皆さんPING送信ってご存知でしょうか?PING送信とはPING送信するサーバーに更新情報を載せてもらうサービスです。

それをやっていることによって検索エンジンに素早くインデックスされて多くの人に記事を読んでもらえることができるのです。そしてPING送信をするにはPING送信のアドレスを入力する必要があります。

今僕が使っているPING送信表の一部です。

ttp://rpc.pingomatic.com/

ttp://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

ttp://blogsearch.google.com/ping/RPC2

このようにPING一覧を入力してPINGを送るリンクが生きているか死んでいるかを確認できるプラグインが「WordPress Ping Optimizer」になります。

ここで重要になるのが死んでいるPING先に送り続けるとサイトがスパム扱いされる可能性があるということです。

そしてこのプラグインはPING先の生死を定期的にチェックしてくれるんです。死んだPING先があれば手動で削除しましょう。どうやら自動削除はしてくれないらしいです。SEO的にも大切な要素なので是非入れておきましょう。

WordPress Popular Posts

スクリーンショット_032616_011103_AM

このプラグインは人気記事ランキングを簡単に作れるプラグインです。設定をいじくれば1ヶ月分のランキングや1週間分のランキングなども色々つくれます。

ランキングの表示数を5ページ分や10ページ分など任意で設定できるのでサイトが盛り上がってきた頃にはランキングを確認するのが楽しみになること必至でしょう。w今ブログを始めたばかりなので一つしか記事がないのでこのように表示されています。

WS000001

これでブログ記事が増えてアクセスも増えればviewsの数も増えていきます。サムネイルのサイズ変更もできますので、ページランキングプラグインはこれを入れておけばまず間違いないでしょう。

WP Multibyte Patch

スクリーンショット_032616_011412_AM

これはワードプレスをインストールしたら最初に入っているプラグインですね。日本語を拡張してくれるっぽいプラグインなのでとりあえず有効化しておきましょう。

最初から入っているということは必要だから入っているという事だと思います。なのでプラグインを削除しないように気をつけてください。あとは特に説明することはありませんw

WP-Optimize

スクリーンショット_032616_011230_AM

このプラグインは便利です。何かというと、溜まったリビジョンを自動的に且つ定期的に削除してくれるプラグインになります。

リビジョンを削除してくれるプラグインは「Better Delete Revision」という定番のプラグインがあるのですが、これは手動で消さないといけません。ですが、「WP-Optimize」は自動で削除してくれる大変便利なプラグインになっています。

リビジョンってなんぞや?っていう人の為に説明しておきます。リビジョンとは投稿編集ページに行くとわかるとおもいますが、過去の編集したページを復元する機能です。

今まで僕はワードプレスを使ってきてリビジョン機能を使ったことはありませんwなのでリビジョンの必要性はあまりないので定期的に削除しちゃいましょう。他には余分なデータも削除してくれる機能も付いているのでそちらも便利です。

まとめ

以上、便利なプラグインを18個をまとめてみました。simplicityを使っている人はこの18個のプラグインを入れておけばだいたい事足りるんじゃないでしょうか。いらなくなったらプラグインを削除してしまえばいいだけなので入れるだけ入れてみましょう。

それから、僕が新しく追加したプラグインや、プラグインの引き起こした問題を解決する記事などの一覧がありますので、こちらもチェックしておいてください。

チェック!プラグイン関係の記事

サーバーによって相性が悪いプラグインもあるのでそちらも考慮しながらバックアップを取りつつプラグインを入れていきましょう!

それでは、皆さんが快適なブログライフを送っていけることを祈っております。さようなら!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事