twittbot(ツイボット)の基本的な使い方・ツイッターに自動投稿できる便利なウェブサービス!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

twitter-152681_1280

ども~!こんにちは。橋尾渡(@hashio_wataru)です!

あなたはツイッターをやっていますか?今時ツイッターをやっていない人の方が珍しいですね(笑)今回は、そのツイッターの呟きを自動で呟いてくれる「twittbot(ツイボット)」というウェブサービスについて紹介していきたいと思います。

ツイッターをやっていると、twittbotを使っている人を結構見かけます。偉人の名言を借りて呟いている人や、○○BOTのアカウントで呟いている人、自己の見解を自動投稿で呟く人…。様々な使い方があります。

ツイッターでは、フォローしている人数が多ければ多いほど、タイムラインも目まぐるしく更新されていきます。その、目まぐるしい呟きの中で自分の存在を知らしめる為には、やはりたくさん呟くしかありません

そういった時に、自動で呟けるウェブサービスがあれば、フォローしている人や、ツイッター内で検索をした人に、自分の存在をアピールすることができます。なので、これからフォロワーを増やしたいという人に、是非使ってほしいそんなウェブサービスですかね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

twittbotの使い方

まずは、公式サイトを開いて、アカウントの登録を行いましょう。

登録からログインまで

スクリーンショット_070216_104755_AM

twittbotの公式サイトを開いたら、「LOGIN」ボタンを押してください。すると、新規登録画面に移動します。

スクリーンショット_070216_112608_AM

数字の認証画面が現れますので、同じ数字を入れて送信ボタンを押してください。そしたら、またログインボタンがでてきますので押しましょう。

スクリーンショット_070216_115054_AM

twittbotを利用するためあなたの許可が必要なので、連携ボタンを押して使えるようにしてやりましょう。

スクリーンショット_070216_122812_PM

連携ボタンを押せば、ユーザーの登録が完了します。そして、ユーザー専用のメニューがずらりと、上部に表示されましたね。

つぶやきの設定をする

ではこれから、twittbotでつぶやきの設定を行っていきましょう。

スクリーンショット_070216_041916_PM

まず、一番左上にある「つぶやき」をクリックしてください。すると、つぶやきを登録する画面に移ります。

スクリーンショット_070216_052311_PM

ここでつぶやきを登録していきます。自動投稿させたい文章を、四角で囲っている部分に入力していきましょう。つぶやきの文字数限度は、140文字までです。下に文字数がでているので、確認しながら登録を行いましょう。

右側にあるのが登録可能な呟きの数です。無料版は700個まで、自動呟きを登録することが可能です。そして、つぶやきたい文章を入れ終わったら、「つぶやき追加」のボタンを押して登録します。

スクリーンショット_070216_063329_PM

つぶやきの追加で、登録した呟きは下に追加されていきます。呟きの内容を編集したい時は、右側にある「変更」ボタンを押して内容を編集しましょう。そして、「削除」ボタンを押せば登録した呟きを消すことができます。

最初の設定では、30分毎に登録した呟きが順番に自動投稿されていきます。

スクリーンショット_070216_065154_PM

このように、30分経ったので呟きが自動投稿されました。それから、ハッシュタグの設定も可能なので、是非ハッシュタグも使って呟いてみましょう。

まとめ

以上で、基本的なtwittbot(ツイボット)の使い方は終わりです。つぶやきを細かく設定したい場合は、上部メニューにある「詳細設定」をクリックしましょう。

スクリーンショット_070216_070222_PM

ここで、つぶやき状態の設定や、登録順でつぶやくか、ランダムで表示させるか、更につぶやく時間の間隔などの様々な設定が可能です。中には、プレミアムバージョンでしか使えない機能もありますので、もし使いたい場合はプレミアム会員に登録しましょう。

それでは、そろそろtwittbot(ツイボット)の基本的な使い方についての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
HASHIO_LOGの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事