Twitterアナリティクスの使い方・ツイート情報を分析してフォロワーの動向をチェックする

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

smartphone-586944_1920

どうも、こんにちは!ツイッターのフォロワー数がようやく3ケタに到達した橋尾渡です!(笑)まだまだ少ないですが、これからどんどん増やしていきたいですね。

さて今回は、ツイッターのフォロワーも増えてきたので、僕のツイート情報がどれだけの人に見られているのかを分析していく記事でも書いていこうかと思います。その分析に使うものがこちら、「Twitterアナリティクス」という公式が出しているツールです。

このTwitterアナリティクスを使えば、どれだけのユーザーが、どれだけツイートを見ているのかを数値化することができます。それに、リツイート回数や、いいね回数、返信の回数など、様々な情報を見ることができるのです。

Googleにもアナリティクスってありましたよね。アナリティクスとは、分析論という意味らしいです。まぁ、解析とか分析とかそういうことなんですね。もしかしたら、FaceBookアナリティクスや、Instagramアナリティクスなんてのも存在するかも!?(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Twitterアナリティクスの使い方

ではまず、Twitterアナリティクスの公式サイトにいって機能の有効化をしましょう。

Twitterアナリティクス

スクリーンショット_050816_014252_AM

左にある、青色のボタンを押してみましょう。そうすれば、管理画面に移動するはずです。

スクリーンショット_050816_090709_AM

青いボタンを押して機能を有効化すると、「ツイートアクティビティ」という分析結果が表示されましたね。ここで、個人アカウントの基本的な情報を見ることができます。それでは、上から順に見ていきますか!

グラフ

WS000125_050816_112118_PM

一番最初に見えるのが、グラフですね。グラフの上にマウスを移動させると、下にオーガニックインプレッション数と、ツイート数が表示されます。

この一番伸びているグラフは、JetPackプラグインの不具合について色々ツイートした日のグラフですね。多くの人は、困っていることについて調べるという傾向があるということがわかります。それも、今起きている問題とかだったりすると、相当のインプレッション数を稼げるのではないでしょうか。

インプレッション

スクリーンショット_050916_105558_PM

続いて、下に見えるのはインプレッション数という数字ですね。これは、自分を含め、ユーザーがツイートを見た総合的な回数になります。例えば、自分はブラウザを更新して、もう一度ツイートを見たら1カウントされます。同じIPでもまたカウントされるんですね。

僕のフォロワーは100人くらいです。だいたいどれも10~20くらいのインプレッション数を確認できますね。大雑把に言えば、僕のフォロワーさんの100人中10人は、僕のツイートを見てくれているということになるでしょう。もっと多くの人にツイートを見てもらえるように頑張らねば(笑)

エンゲージメント

スクリーンショット_050916_110923_PM

隣にあるのが、エンゲージメント。エンゲージメントでは、ユーザーがツイートに反応した回数を示しています。ツイートをクリックすると1カウントされます。他にも、ハッシュタグを付けたり、リンク、プロフィール画像、ユーザー名、リツイート、フォローなどなどもエンゲージメントの1カウントとされます。

この数が多ければ多いほど、フォロワーの反応がいいという事でしょう。僕の場合は、どれもこれも一つの反応ばかりですね。もしかしたらこれは、自分で1カウントしているやつかもしれません(笑)

スクリーンショット_051016_081654_AM

このようにツイートをクリックすると、何で反応があったのかを調べることができます。反応がよかったツイートは是非詳細を見てみましょう。

エンゲージメント率

スクリーンショット_051016_080133_AM

最後にこれ、エンゲージメント率。勘のいい人ならすぐにわかったんじゃないでしょうか。そうです、これはエンゲージメントの数字を、インプレッションの合計で割った数になります。これがもし、100%ならツイートが全てクリックされているということになりますね。

まとめ

これだけ覚えておけば、基本的な使い方はもう大丈夫です。あとは、トップツイートで一番インプレッション数を稼いだツイートを見てみたりするのもいいですね。触っていればすぐに使い方も覚えることができます。

それでは、そろそろTwitterアナリティクスの説明を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする