エックスサーバーのmod_pagespeed設定を使ってページの表示速度を上げよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

boy-1298924_1280

どうも、こんにちは。橋尾です!

今回は、エックスサーバーに付いている機能の一つ、「mod_pagespeed設定」についての記事を書いていきたいと思います。

「mod_pagespeed」という名前を聞いて、どんな機能かだいたい予想がついたのではないでしょうか。そうです、そこにいる勘のいいあなた、正解です。

mod_pagespeed設定とは、サイトのページ表示速度を高速化してくれる機能なのです。

ページの表示速度が上がるとどうなるのかというと、GoogleのSEO的に優遇されるようになるので、検索結果の表示順位が上がる場合があります。なので、確実やっておいたほうがいい設定なんですね。

mod_pagespeed設定について、そもそもどこのだれが開発して、何故表示速度があがるのか、よく原理がわからないと思うので、今からエックスサーバーの公式サイトに書いてある説明を見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

mod_pagespeed設定とは

ではこれから、エックスサーバーのmod_pagespeed設定について解説していきます。

Google社により開発された拡張モジュール「mod_pagespeed」を使用して、Webサイトの表示速度を向上させる機能です。
「mod_pagespeed設定」を有効にすると、ファイルを圧縮してデータ転送量を削減する、同種のファイルを一まとめにして無駄な通信を削減するなどの最適化処理を実施します。
この最適化処理により、Webサイトにアクセスしたブラウザはデータ転送量が減少し、また、ページのロード時間を短縮できるため、Webサイトの表示速度改善を期待することができます。

mod_pagespeed設定について

mod_pagespeedは、Googleが開発したページの表示速度を上げる拡張モジュールなんですね。Googleの公式機能なら、安全なので安心して利用できます。

mod_pagespeed設定を使う事によって、様々なファイルのデータを圧縮して、転送量を大幅に削減することができます。同じ種類のファイルを一つにまとめて最適化処理をします。とにかく、通信の無駄を減らすという優れた機能なんですね。

最適化処理されるファイル一覧

  • CSS・JavaScriptファイルの圧縮
  • 画像ファイルを最適なタイプへと変換・軽量化
  • 同じ種類のファイルを一つにまとめる(無駄な通信を削減)
  • CSS・JavaScript・画像ファイルのキャッシュ期間を延ばして表示速度を上げる
  • 小さなCSS・JavaScriptなどをHTMLに埋め込んでしまう

などなどの処理が行われて、ページの表示速度を大幅に上げてくれます。なんだか、デフラグツールみたいな感じですかね(笑)

※ただし、利用する際には注意が必要です。mod_pagespeed設定を有効にすると、ファイルの最適化処理の影響によって、一部の画像ファイルの画質が低下する場合があります。

それと、ブラウザやコンテンツの内容によっては、mod_pagespeed設定を有効化することにより、レイアウトなどが崩れる場合があるので、そういった場合は機能をOFFにしてください。

なお、mod_pagespeedの設定が反映されるまでに、時間が少しかかる場合があるのでご了承ください。

mod_pagespeed設定を有効化する

それでは、エックスサーバーにログインしてから、サーバーパネルを開いてmod_pagespeed設定を有効化していきましょう。

エックスサーバーのログイン画面

スクリーンショット_070116_103749_AM

サーバーパネルを開いたら、ホームページの項目内にある、「mod_pagespeed設定」をクリックしてください。

スクリーンショット_070116_104559_AM

mod_pagespeed設定をクリックしたら、ドメインの選択画面がでてきます。ここで、mod_pagespeed設定を有効化したいドメインを選択しましょう。

スクリーンショット_070116_105250_AM

では、ONとOFFの切り替えボタンがあるので、mod_pagespeed設定をONの設定にしてください。

これで、mod_pagespeedの設定は終わりです。次に、どれだけページの表示速度が変わったのか見ていきましょう。

ページの表示速度を確認する

mod_pagespeedの設定を済ませましたので、一体どれほど、ページの表示速度が変わったのか、Googleの『PageSpeed Insights』を使って確認してみましょう!

スクリーンショット_070116_112756_AM

PageSpeed Insightsに移動したら、ウェブページのURLを入れる部分があるので、あなたのサイトのURLを入力して分析ボタンを押してください。すると、ページの表示速度の計算が始まります。

WS000184_070116_113513_AM

※上の画像が、mod_pagespeed設定をOFFにしている状態です。

そして、mod_pagespeed設定を有効化した状態で速度の計算をすると…。

WS000183_070116_115445_AM

なんと、59から71までモバイルページの表示速度が上がりました。

パソコンの表示速度は、70から85まで上昇。いやぁ、素晴らしい結果がでましたね。モバイルページの表示速度に関しては、赤点から黄色まで上がったので、まずまずな結果です。

Googleでは、ページの表示速度で検索の順位を変動させる要素がありますので、ページの表示速度が高ければ高いほどよりよい結果が生まれるでしょう。

SEO的な観点から見ると、表示速度は上げておいた方がアドバンテージがあるので、エックスサーバーをお使いの人ならばmod_pagespeed設定を是非利用しておきましょう。

まとめ

これで、あなたのウェブページの速度は上がり、Googleの評価も上がったはずです。もしこれで、レイアウトなどが崩れる場合がありましたら設定をOFFに戻してください。そういった場合は、別の方法がありますので、こちらの記事をご覧ください。↓

ページの表示速度を46から76まで上げた方法を大公開!(モバイルフレンドリー対策)
どうも、橋尾渡です!前回の記事で、モバイルフレンドリーがどれほど重要なのかについて言及しましたね。その中でも、今後の評価基準でモバイ...

それでは、そろそろエックスサーバーのmod_pagespeed設定の使い方についての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする