BackWPupでワードプレスのバックアップを取っておこう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

スクリーンショット_020318_062525_PM

どうも、こんにちは。橋尾渡(@hashio_wataru)です。

ワードプレスを使っていると、不慮の事故でデータがクラッシュして管理画面やウェブページが開けなくなったりすることがあります。

そういった時に慌てて、なにをすればいいのかわからずパニック状態になって、サーバーを開いてワードプレスを再インストールすることにでもなってしまったら大変ですよね。

ワードプレスの再インストールをしたら、今まで書きあげてきた記事や設定したテーマのデザインなど、全て0からのやり直しになってしまいます。

それはとても心が折れることで、最悪ブログの活動をやめてしまうかもしれません。

なので、そんな突然の事故に備えて定期的にワードプレスのファイルとデータベースのバックアップをしておく必要があるのです。

ワードプレスのファイルとデータベースをバックアップしておけば、万が一という場合もファイルを復元してあげれば全て元通りになります。

そして、今回紹介するのが「BackWPup」という、バックアップを自動で行ってくれる優秀なプラグインです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

バックアップの重要ポイント

BackWPupプラグインの使い方を説明する前に、ワードプレスをバックアップする際の重要なポイントについて説明しておきましょう。

普通のウェブサイトというのは、作成したページがそのまま表示される「静的ページ」と呼ばれるHTMLのファイルで作られています。

ですが、ワードプレスの場合は「動的ページ」と言って、「静的ページ」とは反対に表示するタイミングで作成されるページになっているんです。

動的ページでは、ユーザーがサイトにアクセスする度にデータベースのデータを引っ張り出して、HTMLファイルを作っています。

静的ページなら、サーバーにあるデータだけをバックアップすればいいのですが、ワードプレスのように動的ページの場合は以下の2つをバックアップする必要があります。

  • サーバーのファイル:画像、プラグイン、テーマなどの記事以外のファイル
  • データベースのファイル:記事、カテゴリ、コメント、管理画面などの情報

上にも記載しましたが、この2つのファイルは必ずバックアップしなければならないことを覚えておいてください。

BackWPupをインストール

それではバックアップをする為に重要なポイントがわかったところで、BackWPupをインストールしていきましょう。

以下のリンクに、ワードプレスでプラグインをインストールする方法について詳しく説明しているので、こちらも合わせてお読みください。

どうも、こんにちは。橋尾渡(@hashio_wataru)です。 今回は、ワードプレスでプラグインをインストールして有効化する...

では、ワードプレスのプラグイン新規追加画面に移動してください。

スクリーンショット_021418_115632_PM

プラグインの新規追加画面を開きましたら、右上にあるキーワード検索で「BackWPup」を検索しましょう。

すると、左上に「BackWPup – WordPress Backup Plugin」というプラグインがでてきますので、インストールしてください。

スクリーンショット_021518_120043_AM

プラグインリストの中を覗き、BackWPupがこの様に有効化されていれば無事インストールの完了です。

サーバーファイルの自動バックアップ設定

BackWPupのインストールが終わりましたら、次は自動でバックアップをする設定を行います。

今回バックアップをするファイルは、重要ポイントでもお話したように「サーバー」と「データベース」の2点をバックアップしていきます。

スクリーンショット_021518_051002_PM

基本的に新しいバックアップ設定を作る場合は、ワードプレスの左側にあるメニュー内に「BackWPup」という項目があるので、そちらから「新規ジョブを追加」を選択してください。

WS000244_021518_055710_PM

それから、ワードプレスのメニューバーからもジョブの追加は可能です。

一般

では初めに、サーバーファイルを自動でバックアップする設定から説明していきましょう。

まずは、一般タブです。

スクリーンショット_021618_065100_PM

【このジョブの名前】という所に、「File backup」と入力してください。

※なお、ジョブの名前に関しては自由に決めてもらっても大丈夫です。わかりやすい名前にしておきましょう。

【このジョブは…】では、「ファイルのバックアップ」にチェックを入れてください。

スクリーンショット_021618_112701_PM

【アーカイブ名】は、特に触る必要はありません。そのままにしておきましょう。

【アーカイブ形式】では、WindowsOSを利用しているユーザーの場合、「Zip」にチェックを入れてください。

※Macユーザーの場合は、「Tar GZip」にチェックを入れる。

スクリーンショット_021618_113510_PM

【バックアップファイルの保存方法】は、「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れます。

他にも色々と保存先を選べますが、有料ですので基本的に「フォルダーへバックアップ」で大丈夫でしょう。自社サーバーへの保存ができれば十分です。

【ログの送信先メールアドレス】と【メールの送信元】は、デフォルト設定のままで大丈夫です。そのままにしておきましょう。

【エラー】では、ジョブの実行中にエラーが発生した場合にログをメールで送ってくれるようなので、チェックを入れておいてください。

僕の場合は「BackWPup」をインストールしてから、エラーメールが届いたことは一度もないのであまり心配しなくても大丈夫だと思います。

スケジュール

次は、スケジュールタブでの設定方法を説明します。

スクリーンショット_021718_124402_AM

【ジョブの開始方法】は、「WordPressのcron」を選択しましょう。

ここが、ワードプレスのファイルやデータベースを自動でバックアップしてくれる設定になります。

スクリーンショット_021718_010446_AM

【スケジューラーの種類】は、高度な設定は必要ありませんので基本を選択します。

【スケジューラー】では、「毎週、日曜日の深夜3時」に設定しましょう。

この時間帯は一般的にアクセスが少なく、バックアップを実行してもサーバーの負担になりませんので、スケジューラーはこの様に設定するのが最善かと思われます。

スケジュールの設定は、必ず「日曜日の深夜3時」にしなくてはならないという規則はありませんので、あなたの都合に合わせて決めてもらって結構です。

ファイル

次は、ファイルタブです。

【バックアップするフォルダー】の各項目に、チェックを入れることができます。

  • WordPress をインストールしたフォルダーをバックアップ
  • コンテンツフォルダーをバックアップ
  • プラグインのバックアップ
  • テーマのバックアップ
  • uploads フォルダーをバックアップ
  • バックアップするその他のフォルダー

6つのチェック項目がありますが、デフォルト設定のままで大丈夫です。特に変更する必要はありません。

スクリーンショット_021818_104058_PM

【バックアップから除外】と【特殊なオプション】については、サーバー管理者向けの内容となっていますので、ノータッチで大丈夫です。

基本的にファイルタブは、設定をいじらずデフォルトのままにしておこう。

宛先: フォルダー

最後に説明するタブは、フォルダータブです。

スクリーンショット_021818_112648_PM

【バックアップを格納するフォルダー】は、デフォルトのままでもいいですが、管理をする際にわかりやすい名前のほうが良いでの、「file-backup」と付けるのが一般的です。

【ファイルを削除】にある数字は、何週間分のバックアップデータを保持するかという意味です。

僕の場合「12」という数字を入れていますが、これは12週間分のデータ、つまり3ヶ月分のバックアップを残しておくということになります。

そして、サーバーファイルの自動バックアップ設定がここで終わりましたので、最後に「変更を保存」というボタンを押せばOKです。

データベースの自動バックアップ設定

さて、サーバーファイルのバックアップ設定が終わりましたので、次はデータベースのバックアップ設定を行います。

また先程と同じように、ワードプレスの左側にあるメニューの中から「BackWPup」→「新規ジョブを追加」を選択しましょう。

一般

新規ジョブの設定画面を開きましたので、まずは一般タブからご説明を致します。

スクリーンショット_022118_123023_AM

【このジョブの名前】は、「Databese backup」と入力しましょう。

この様に記入するのが一般的ですが、あなたの任意で名前を変更していただいても結構です。

【このジョブは…】では、「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れましょう。

スクリーンショット_022218_063916_PM

【アーカイブ名】は、デフォルトのままで大丈夫です。基本的にノータッチ。

【アーカイブ形式】では、上でも説明したようにWindowsOSのユーザーの場合、「Zip」にチェックを入れましょう。

スクリーンショット_022218_072849_PM

【バックアップファイルの保存方法】は、「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れる。

スクリーンショット_022218_073005_PM

【ログの送信先メールアドレス】と【メールの送信元】は、デフォルトのままで大丈夫です。

【エラー】には、チェックを入れておきましょう。

スケジュール

次は、スケジュールタブの説明をします。

スクリーンショット_022218_073228_PM

【ジョブの開始方法】は、ファイルバックアップの時と同様に、「WordPress の cron」にチェックを入れましょう。

スクリーンショット_022218_073744_PM

【スケジューラーの種類】は、基本を選択します。

【スケジューラー】では、ファイルのバックアップとは違い「毎日、深夜3時」という設定にしておきましょう。

データーベースのサイズは小さいのでサーバーへの負担が少なく記事を頻繁に更新しているユーザーも多いので、うっかりミスがあった場合などでもすぐ元に戻せるように毎日バックアップを取るのが賢明です。

DB バックアップ

データベースのバックアップタブは、基本的にデフォルト設定のままで大丈夫です。

スクリーンショット_022218_095628_PM

【バックアップするテーブル】は、全てにチェックを入れておこう。

【バックアップファイル名】は、デフォルトのまま変える必要はありません。

【バックアップファイルの圧縮】では、「GZip」にチェックを入れておきましょう。

GZipにチェックを入れておけば大幅にサイズの容量を圧縮してくれるので、必ず「GZip」を選択しておきましょう。

プラグイン

次はプラグインタグですが、こちらもデフォルト設定のままで特に変える必要はありません。

スクリーンショット_022218_103819_PM

【プラグイン一覧のファイル名】は、デフォルトのままで大丈夫です。

【ファイルの圧縮】は、DBバックアップの時とは違い、ファイルサイズは数キロバイトしかありませんので「なし」にチェックを入れておいても問題はありません。

宛先: フォルダー

最後に説明するのが、宛先:フォルダータブです。

スクリーンショット_022218_105001_PM

【バックアップを格納するフォルダー】では、管理する際わかりやすいように「database-backup」と記入するのが一般的です。

フォルダーの名前は、あなたの任意で自由に決めて頂いても結構ですが、わかりやすい名前にしておきましょう。

【ファイルを削除】には「30」という数字が入っていますが、これは30日分のバックアップを残しておくという意味です。

スケジューラーの設定で「毎日」を選択したので、30回分、つまり1ヶ月分のバックアップが残るということですね。

ファイルのバックアップ同様に、3ヶ月分のバックアップを残しておくのも構いませんが、コンテンツもどんどん増えていくと思われますので、1ヶ月分で大丈夫でしょう。

最後に「変更を保存」ボタンを押せば、サーバーファイルとデータベースファイルの自動バックアップ設定は全て完了です。

ジョブを実行する

サーバーファイルとデータベースの自動バックアップ設定が終わりましたので、次は手動でファイルのバックアップを行ってみましょう。

スクリーンショット_022418_122405_AM

ワードプレスの左側にある「BackWPup」の中から「ジョブ」を選択してください。

スクリーンショット_022418_123713_AM

するとジョブの一覧画面が開き、先程設定を終えた2つのジョブがでてきます。

WS000246_022418_124252_AM

ジョブ一覧の上にマウスカーソルを移動させると4つのメニューが表示されますので、一番右側にある「今すぐ実行」ボタンを押してみましょう。

スクリーンショット_022418_125111_AM

設定した「File backup」のジョブが実行されましたね。青色のゲージが100%になれば手動バックアップの完了です。

同様に、「Database backup」のほうもジョブを実行しておきましょう。

※サーバーファイルのバックアップには2分弱かかりましたが、データベースのバックアップはサイズ容量も少ないのですぐに終わるでしょう。

バックアップファイルの確認

さて次は、バックアップが終わりましたのでファイルが保存されているページへ移動してみましょう!

スクリーンショット_022318_071943_PM

ワードプレスの左側にある「BackWPup」の中に「バックアップ」というメニューがあるのでクリックしてください。

WS000245_022318_072214_PM

ワードプレスのメニューバーからでも、「バックアップ」を選択できます。

スクリーンショット_022518_090714_PM

バックアップのページへ移動しますと、今まで自動バックアップされてきた保存ファイルがずらりと出てきます。

とは言っても、この記事をお読みのユーザー様は先程ジョブを初めて実行したと思われますので、バックアップファイルが一つしか表示されていないでしょう。

WS000247_022718_120301_AM

ちなみに、データベースの保存ファイルを確認するときは、ページの上部にある「FOLDER:」というドロップダウンメニューから切り替えを行えます。

上で説明したように、サーバーファイルは「毎週、日曜日の深夜3時」に自動バックアップされ、データーベースファイルは「毎日、深夜3時」に自動バックアップされます。

心配しなくても、バックアップのファイルはどんどん増えていきます。それでも心配な場合は、手動でジョブを実行してバックアップを取りましょう。

更にサーバー上だけに保存するのではなく、ローカルフォルダを作ってそこにバックアップファイルを保存しておけば確実に安心できるでしょう。

なので今から、バックアップしたファイルをローカルフォルダへ保存する方法をご説明致します。

ローカルへ保存する方法

バックアップのファイルをサーバー上だけではなくローカルへ保存するということは、サーバーが障害を起こしてデータが消えてしまった場合など万が一のリスクを回避するためという点で役立ちます。

ですので、定期的にローカルフォルダへバックアップのファイルを保存しておきましょう。

WS000248_022718_121714_AM

バックアップリストの上にマウスカーソールを移動させると、この様に「ダウンロード」というメニューがでてきますので、クリックしてみましょう。

スクリーンショット_022718_122219_AM

ダウンロードのポップアップが表示され、どの様に保存するか確認されますので「ファイルを保存する」を選択してOKボタンをクリックしてください。

スクリーンショット_022718_122746_AM

無事に、サーバーファイルのバックアップをダウンロードすることができました。

あとは、あなたのパソコンにバックアップファイル専用のフォルダーを作って、その中にバックアップファイルを保存しておきましょう。

同様に、「FOLDER:」のドロップダウンメニューから「データベース」を選んでダウンロードしてください。

終わりに

以上で、BackWPupの詳しい設定方法と使い方の説明は終わりです。

とにかく、ワードプレスを使っていると不慮の事故でブログが急に使えなくなることが多々あるそうなので、是非これを機にBackWPupをインストールして上記で説明したように、設定しておいてください。

これで万が一、データが消失した場合でも安心してブログの活動を続けることができますね。

バックアップを自動で取るようにしてサーバーの容量や通信速度が心配な方は、こちらのXserverが非常におすすめです。この記事も合わせて読んでおきましょう。

どうも、こんにちは!橋尾渡(@hashio_wataru)です。 あなたは今、どこのレンタルサーバーをお使いになっていますか?...

それではそろそろ、BackWPupでワードプレスのバックアップを取っておこう!についての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
わたろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事