フリーメールはNG!?仕事には独自ドメインのメールアドレスを使おう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

email-3249062_1280

どうも、こんにちは。橋尾渡(@hashio_wataru)です。

あなたはウェブサイト間でやり取りする時、メールアドレスはどこのサービスを利用していますか?

Gmail?それともYahooのフリーメールアドレスを使っている方もいらっしゃるかと思います。

ですが、仕事用のブログなどにフリーのメールアドレスを使う事は果たして良いことなのでしょうか?

そんな疑問をここ最近抱いてしまったので、これについてちょっと解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

仕事にGmailが不向きな理由

長い間ブログ活動などをやっていると、仕事や広告掲載の依頼メールが届くことってありますよね。

有名なブロガーの方になると、頻繁にそういったメールが届くと思われます。

しかし、フリーのメールアドレス「Gmail」などを使っていると、ビジネス上先方に良い印象与えません。

それは何故かと言うと、フリー(無料)のメールアドレスだからです。

この問題について、詳しく説明しているサイトがありましたので、内容の一部を引用してみましょう。

これはGmail自体に問題があるわけではなく、個人事業主として必要なことにお金をかけていないのはビジネスパートナーとしてどうなのか、という点が疑問視されるためです。

Gmailじゃダメ? フリーランスが用意したいメールアドレスの極意

上記の文を砕いて読んでみると、「Gmailに問題はないが、やはりビジネスの上でお金をかけていないフリーのアドレスを使っている相手は、どうも信用できない」という内容になっていますね。

仕事というのは信用から成り立っているものですから、こういう細かい部分にも気を使わなくては、個人の評価が下がってしまうんですね。

なので、レンタルサーバーを利用しているユーザーは、必ず独自ドメインのメールアドレスを使いましょう。

僕がオススメするレンタルサーバーは、断然エックスサーバーですね。

どうも、こんにちは!橋尾渡(@hashio_wataru)です。 あなたは今、どこのレンタルサーバーをお使いになっていますか?...

サーバーの容量は比較的大きく安定もしているので、ネット上で本気のビジネスをするならエックスサーバーしかありません。

まだレンタルサーバーを決められていない方や、他のサーバーに移行を考えている方は、上記のリンク先をしっかりと読んでおきましょう。

独自ドメインのアドレスを取得する方法

それでは今から、独自ドメインからメールアドレスを取得する方法について説明していきたいと思います。

独自ドメインのメールアドレスは、各レンタルサーバーによって取得方法が異なるので、そのサーバーに従って取得していきましょう。

そして今回は、エックスサーバーを通した説明となりますので、ご了承ください。

スクリーンショット_083118_123536_AM

まず、エックスサーバーにログインしてサーバーパネルを開いたら、「メールアカウント設定」をクリックしましょう。

スクリーンショット_083118_012658_AM

メールアドレスを作りたい独自ドメインを選択したら、「メールアカウント追加」というタブへ移動してください。

スクリーンショット_083118_042200_PM

メールアカウント追加のタブへ移動したら、メールアドレスやメールの容量を設定していきます。

まず、メールアカウントの項目ですが、一般的なメールアドレスは「info」が多いのではないでしょうか。

その他にも、以下のようなものがあります。

  • info
  • marketing
  • sales
  • support
  • webmaster
  • www
  • postmaster

僕の場合は、特に決めていなかったので、「info」と入力しておきました。

そして、独自ドメインのメールアドレスで使うパスワードを2回入力しましょう。

スクリーンショット_083118_042738_PM

メールサーバーの容量に関しては、Gmailが15ギガの容量を使えるので300MBだと、とても少ないと感じますが、だいたい500MBあたりで102400通のメールを送受信することができるそうです。

なので、300MBでもいいでしょうが、画像を添付したメールをやり取りすることが多い場合や、300MBじゃ心配という方は、500~1000MBに設定しておけば大丈夫だと思われます。

僕の場合は、画像の添付をしたメールを送信することは滅多にありませんが、とりあえず1000MBで設定しておきました。

メールアドレスの設定を終えたら、「メールアカウントの作成(確認)」ボタンを押して先へ進みましょう。

スクリーンショット_083118_043734_PM

次に、再度確認画面がでてきますので、入力の間違いなどがなければ「メールアカウントの作成(確定)」ボタンを押してください。

スクリーンショット_083118_043926_PM

これで、独自ドメインのメールアドレスは取得できました。

※後から、パスワードや容量の設定は変えられるので安心してください。

メールソフトに設定しておく

独自ドメインの新しいメールアドレスを取得できたら、次にメールソフトで見れるよう設定しておきましょう。

スクリーンショット_083118_055308_PM

メールアカウント設定ページの「メールソフト設定」タブへ移動してみましょう。

すると、「受信メール(POP)サーバー」と、「送信メール(SMTP)サーバー」の項目に、数字の付いたxserverの文字列が表記されていますね。

ここに表記されている文字列を、メールソフト(メーラー)に入力して設定をしていきます。

そして今回僕が利用するメールソフトが、Mozillaの「Thunderbird」というメーラーなので、このソフトを使った説明をしていきますね。

Thunderbirdに設定する

では今から、Thunderbirdで独自ドメインのメールを確認できるよう設定をしていきましょう。

まず、Thunderbirdを起動させてください。

WS000283_083118_062910_PM

Thunderbirdを起動したら、メニューバーの中にある「ツール」から「アカウント設定」を選択しましょう。

WS000284_083118_071632_PM

アカウント設定のウィンドウが開いたら、左下にある「アカウント操作」のドロップダウンメニューから「メールアカウント追加」を選んでください。

次に、名前とメールアドレス、パスワードを記入する画面がでてきますので、空白の部分にそれぞれ記入していきましょう。

  • あなたのお名前は、送信先の相手に見える名前です。
  • メールアドレスとパスワードに関しては、エックスサーバー側で設定したものを使います。

そして、記入し終えたら「続ける」ボタンをクリックしてください。

「アカウント設定が、一般的なサーバー名で検索したことにより見つかりました。」というメッセージがでてくると思うので、次に「手動設定」をクリックしてください。

メールアカウントの手動設定画面が開きましら、SSL通信でメールの送受信をしたいので、ポート番号を変更していきましょう。

  • IMAP : 993 (SSLを利用しない場合は 143)
  • SMTP : 465 (SSLを利用しない場合は 587)
  • POP : 995 (SSLを利用しない場合は 110)

上のポート番号に従って、番号を変更してください。

そして設定し終えたら、下にある「完了」ボタンを押してあげれば設定完了です。

スクリーンショット_083118_084724_PM

設定が完了すれば「Thunderbird」の左カラム内に、新しく追加したアカウントが表示されます。

これで、仕事のメールをやり取りするのが楽になりますね!

Contact Form 7の設定をしておく

最後に設定しておかなくてはならいのが、ウェブサイト内にあるお問い合わせページです。

ワードプレスを使っているユーザーの方は、「Contact Form 7」というお問い合わせフォームを簡単に作れるプラグインをインストールされているかと思われます。

僕もワードプレスに「Contact Form 7」を入れているので、独自ドメインで新しく取得したメールアドレスに変更していきたいと思います。

WS000285_083118_113648_PM

まず、ワードプレスのダッシュボードを開いたら、左カラムメニューの「お問い合わせ」から「コンタクトフォーム」を選択しましょう。

スクリーンショット_083118_114004_PM

コンタクトフォームの設定ページへ移動したら、画面上部にある「新規追加」をクリックしてください。

スクリーンショット_083118_114713_PM

コンタクトフォームの新規追加ページが開いたら、まずタイトルを決めて、その次に「メールタブ」に移動します。

※タイトルは「お問い合わせ」が一般的ですが、お好みで変えていただいても問題ありません。

スクリーンショット_083118_115143_PM

そしてメールタブへ移動できたら、「送信先」と「送信元」に独自ドメインから取得したメールアドレスを記入します。

※送信元の中にある 〈〉 ←この記号は消さないようにしましょう。

スクリーンショット_083118_115550_PM

新しく取得したメールアドレスを記入し終えたら、右カラムにある「保存」ボタンを押します。

スクリーンショット_083118_115735_PM

保存できたらコンタクトフォームの設定画面へ戻りますので、右側に表示されているショートコードをコピーしておきましょう。

スクリーンショット_083118_115956_PM

そして最後に、固定ページやお問い合わせフォームを表示させたい記事に、先程コピーしたコードを貼り付けてあげれば設定は終わりです。

コンタクトフォームでコピーしたショートコードは、ビジュアルエディタモードのまま貼り付けてもらっても、ちゃんと表示されるので安心してください。

スクリーンショット_090118_124202_AM

独自ドメインのメールアドレスで設定した「Contact Form 7」へ試しにメールを送ってみましたが、無事に届きました。

終わりに

以上で、独自ドメインのメールアドレスを取得して諸々の設定をしていく記事は終わりになります。

独自ドメインのメールアドレスを取得することは他にもメリットがありまして、メインで使っているGmailのアドレスを知られたくない場合などにも役立ちます。

あとは上記でも説明したように、ビジネスパートナー同士でやり取りをするならフリーのメールアドレスより、お金のかかっている独自ドメインのメールアドレスがいいということですね。

とにかく、新しく独自ドメインを取得して新規のウェブサイトを開設したら、早いうちにメールアドレスも取得しておきましょう!

それではそろそろ、フリーメールはNG!?仕事には独自ドメインのメールアドレスを使おう!についての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
わたろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事