【おすすめ】超小型Bluetooth方耳イヤホン「YEMENREN S2」のご紹介

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

どうも、こんにちは。橋尾渡(@hashio_wataru)です。

あなたはジョギングやランニングをするときなど、音楽を聴きながら歩いたり走ったりしていますか?

コード付きのイヤホンを耳に付けて走っていたりすると、イヤホンのコードが腕に引っ掛かったり、イヤホンジャックが外れたりなどして、結構邪魔になりますよね。

そういった時にとても便利で邪魔にならないイヤホンがあるんですよ。

それがこちらっ!

超小型、超軽量、Bluetoothイヤホン、YEMENRENのS2です!

このワイヤレスBluetoothイヤホンは、ワイヤレスを通してスマートフォンに接続できるので、歩行時邪魔になるコードを一切気にする必要がなくなるのです。

しかも超小型設計なので、方耳にすっぽりハマってあまり目立ちません。

普通サイズのBluetoothイヤホンだと、少し大きめで特殊部隊みたいになって、街へ出かけるにはちょっと恥ずかしいですよね(笑)

51zUP0JQF9L._SX350_BO1,204,203,200_

↑こんな感じw

ですが、今回僕が紹介するYAMENRENのS2という機種は、本当に小さく小型なので、外出時も人目をあまり気にせずそのまま外へ出歩くことができるのでおすすめです。

BluetoothイヤホンYAMENRENS2のいい所はそれだけではないので、これから各メリットについて説明をしていきますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

YAMENREN S2の特徴

それでは、これからYAMENRENのS2の特徴ついて1つずつ詳しく説明していきたいと思います。

遠く離れても切断されない

Bluetoothの接続は安定性が高く、10メートルほど離れても音声をキャッチできます。

例えば、友達や家族とテニスなどのスポーツをする時、公園の端に設置してあるベンチにバッグや財布、それにスマートフォン等の貴重品を置いておきます。

Bluetoothのイヤホンを耳に装着していれば、テニスのプレーが始まったとしても片方の耳からワイヤレスで音楽やラジオ番組をキャッチして音声が流れてきます。

激しい運動をしても、耳の穴にしっかりとハマるので落ちてしまうということは、滅多にないでしょう。

スポーツをしながら音楽も聴けて、楽しさが2倍になりますね(笑)

ワンボタン操作でなんでもできる

イヤホンに付いている銀色のボタンを1回ポチッと押せば、音楽の再生、音楽の一時停止ができます。

さらにスマートフォンに着信があった場合、銀色のボタン操作で通話の開始、通話の終了、通話してきた相手の着信を拒否、リダイヤルなどの操作をすべて簡単に行えます。

スマートフォンを直接触らなくても、ワンボタン操作で色々な動作ができてとても便利ですね。

Bluetooth搭載であれば接続可能

iPhoneやandroidだけではなくパソコンにもBluetooth機能が搭載されていれば、ワイヤレスで同期して接続が可能なんです。

その他にも、Bluetooth機能が搭載されている全てのありとあらゆる機器にも対応して接続が可能らしいです。

恐らくですが、パソコンにSkypeなどの通話ソフトを入れている方はマイクも内蔵されているので、こちらのYAMENRENS2で通話もできると思われます。

ただし、パソコンにBluetooth機能が搭載されていて、静かな環境でしか通話できないのでご注意を。

とても小さく軽く収納ケース付き

YAMENRENS2本体のサイズは、縦幅が2.5cm、横幅が1.5cm、とかなり小さめ。片方の耳にすっぽりとフィットして邪魔になりません。

そして、本体の重量がわずか4グラムという超軽量設計で、耳に付けても重さは全く気になりません。

ここまで本体が小さいと、どこかへ無くしてしまう可能性もありますね。

ですが、本体と一緒に収納ケースも付属しているので、使い終わった本体をケースの中に入れておけば、紛失の危機を防ぐことができます。

これはとても助かりますね(笑)

バッテリーの容量が大きい

バッテリーの容量は55mAhもあり、一回30分の充電をするだけで、最大6時間も音楽の再生ができて、8時間連続の通話が可能なようです。これで、電量が不足するという心配はいりませんね。

また、電話の着信があったときやバッテリーの残量が少なくなった時などに、音声ガイドで音が鳴り提示してくれるのですぐに対応ができて安心できます。

本体がこんなに小さなものでも、6~8時間電池が持つなんて驚きですね!

マグネット式充電器が2つ付属

充電器はUSBのマグネット式となっているので、邪魔になるケーブルが付いていません。

なので、煩わしいケーブルの絡まりやかさばることがなく、充電器周辺のトラブルを一気に解決できてとてもおすすめです。

このマグネット式充電器は、Bluetoothイヤホンと同じくとても小型なので、場所を問わずにお使いいただけます。

しかも、充電器が元から2つ付いていますので、一つは家のパソコンなどで充電でき、もう一つは会社などに持っていけばいつでも充電が可能となります。

トラブルの元になるケーブルも付いていませんし、充電器も2個あるのでとてもお得感がありますね。

以上で、YAMENRENS2の特徴、メリットについての説明は終わりとなります。

続いて現物を見ていきましょう!

YAMENRENS2はこんな感じ

さて、YAMENRENS2の良さがわかったところで、実際に物を見ていきましょう。

PC180702

箱の形は四角く、色は真っ白ですね。その真ん中にブランドのロゴが表示され、その下には、品番が記入されています。

大きさとしては、片手で持てるくらいの大きさです。やはり、本体が小型なだけあって、箱も小さいですね(笑)

PC180706

白い箱を開けてみると、中には黒くて丸いジップ付きの収納ケースが入っていました。

上で記述したように、この収納ケースにBluetoothイヤホン本体を入れておけば、紛失を防ぐことができますね。

PC180707

これが、箱の中身の全部です。

左は本体。右にはご購入ありがとうございますというカード。下には説明書が置いてあります。

説明書は、表に英語の説明書きがあり、裏には日本語での説明書きが記されています。

PC180708

収納ケース内部には、USBのマグネット式充電器が2個と、Bluetoothイヤホン本体、それに耳の大きさに合わせた耳栓が2つ付いています。

耳栓についてですが、僕は最初からイヤホン本体に付いている耳栓のサイズでピッタリでした。あなたの耳のサイズに合わせて取り換えましょう。

PC180709

そして、本体がこちらです。

何度も説明していますが、やはり小さいですねぇ!(笑)

以前、僕が持っていたBluetoothイヤホンと比較すると、これの3倍くらいの大きさでした。

PC180710

イヤホン本体の中心には銀色の大きなボタンがあり、こちらで各動作を実行できます。

ボタンを押してみると、ポチッと響きの良い音が鳴って押し心地も悪くありません。

PC180712

USBのマグネット式充電器は、このように曲げることができます。

PC180714

そして、曲げた充電器をこんな感じでUSBの取り付け口にはめ込めば、充電が開始されます。

少々、ホコリが付いていますがそこは気にしないでください(笑)

終わりに

以上で、YAMENRENS2の説明は終わりとなります。

一つ気になるのは、本体がこんなに小型なので音質が悪いのでは?という疑問が浮かんできますね。

ですが、僕が実際にスマートフォンと同期して音楽を聴いてみたところ、特に音質が悪いということはありませんでした。(むしろ良い方?w)

それから、YAMENRENというブランド名がYAMERAREN(やめられん)に見えたのは僕だけじゃないはずです(笑)

Bluetoothイヤホンを身につけた生活をしていると、そのうち本当にやめられんくなるかもしれませんね。

それでは、そろそろ【おすすめ】超小型Bluetooth方耳イヤホン「YAMENREN S2」のご紹介についての記事を終わりたいと思います。ありがとうございました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
わたろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事