【最新】YouTubeLiveでゲーム生配信するまでの手順~OBSStudioを使って生放送してみよう!~

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

youtube-2712573_1280

どうも、こんにちは。橋尾渡(@hashio_wataru)です。

今回は、OBSStudioを使ってYouTubeLiveで生放送する方法について説明していきたいと思います。

以前もYouTubeLiveでOBSStudioを使った放送をする方法についての記事を書きましたが、もう何年経っていますので、最新の情報をお届けします。

どうも、こんにちは。寝違えて首を痛めた橋尾(@hashio_wataru)でっす!w 今回は、OBSStudioというフリーソ...

前にも言いましたが、このOBSStudioを使うことによって、YouTubeLiveだけではなく、ニコニコ生放送などでも放送をすることが可能です。

なので、これからYouTubeを使って生放送がしたいという方がいらっしゃいましたら、必ずこの記事を読んでおくべきです!(笑)

それでは早速、YouTubeLiveを利用するまでの手順を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

YouTubeでライブ配信を有効にしておく

ではまず、YouTubeの公式サイトへアクセスしていきましょう。

スクリーンショット_120820_112627_AM

YouTubeにアクセスができましたら、右上にあるアイコンをクリックしてください。

WS000037_120820_115610_AM

右上のアイコンをクリックするとメニューが表示されますので、そのメニューの中から「設定」をクリックしましょう。

スクリーンショット_120820_124633_PM

設定のページに移動したら、アカウントタブの中から「チャンネル」の項目まで進み、その中にある「チャンネルのステータスと機能」をクリックします。

スクリーンショット_120820_011447_PM

チャンネルのステータス画面まで移動したら、「機能と利用資格」のタブで「スマートフォンによる確認が必要な機能」を有効化してください。

詳しいやり方については、以下の記事で紹介していますのでこちらを読んでおいてください。

どうも、こんにちは。橋尾渡(@hashio_wataru)です。 今回は、YouTubeに動画をアップロードする際に、15分以...

ライブ配信を開始する手順

スマートフォンによる確認作業が終わったら、YouTubeのホーム画面へ戻りましょう。

スクリーンショット_120820_012700_PM

ホーム画面に戻ったら、カメラのアイコンをクリックしてください。

WS000038_120820_014914_PM

カメラのアイコンをクリックすると、「動画をアップロード」するか「ライブ配信を開始」するメニューが出てきますので、今回はライブ配信がしたいので、下にある「ライブ配信を開始」を選びます。

スクリーンショット_120320_104157_PM

ライブ配信をするためには24時間待たなければなりませんので、24時間後またページを開いてみましょう。

※始めてライブ配信を始める際、24時間経過しないとライブ配信はできませんので、ご注意ください。

スクリーンショット_120620_105559_AM_120820_042021_PM

そして24時間経過しましたら、YouTubeのライブ管理画面というウィンドウが出てきますので、「今すぐ」という項目の「開始」ボタンを押して先へ進みます。

スクリーンショット_120620_105642_AM_120820_042138_PM

内臓ウェブカメラがある場合、YouTubeの機能を使って生放送をすることができますが、今回は、OBSStudioを利用してゲームを生配信したいということなので、下にある「ストリーミングソフトウェア」を選択して先へ進んでください。

スクリーンショット_120620_105952_AM_120820_053551_PM

ここで、ライブ配信のタイトルやジャンルなどを決めます。

スクリーンショット_120620_112547_AM_120820_055647_PM

タイトルやサムネイル、ジャンルや子供向けの配信なのかを色々設定し終わったら、下に進んで「OK」ボタンを押しましょう。

スクリーンショット_120820_055855_PM

すると、YouTubeLiveの放送画面が出てきますので、こちらの画面に表示されている「ストリームキー」などの文字をコピーしてOBSStudioに貼り付けていきます。

OBSStudioにストリームキーを入れる

では、YouTubeLiveの放送準備はある程度終わりましたので、次はOBSStudioにストリームキーを貼り付けて設定していきましょう。

スクリーンショット_120820_065249_PM

まずは、YouTubeLiveの画面に出ている、「ストリームキー(エンコーダに貼り付け)」という部分の暗号化されている文字をコピーしておいてください。

スクリーンショット_120820_065627_PM

そして暗号化された文字をコピーしたら、OBSStudioを起動しましょう。

OBSStudioを起動したら、上部メニューの左側にある「ファイル」をクリックしてください。

WS000039_120820_070536_PM

上部メニューのファイルをクリックすると、「設定」が出てきますので、そちらをクリック。

スクリーンショット_120820_074131_PM

設定画面を開いたら、左タブの中から「配信」タブへ移り、サービス名とサーバーを選択して、先程コピーしておいたストリームキーを貼り付けます。

  • サービスは「YouTube – RTMP」
  • サーバーは「Primary YouTube ingest server」

に設定しておきましょう。

これで、右下にある「適当」ボタンを押してから「OK」ボタンを押せば更新完了です。

スクリーンショット_120820_103532_PM

出力タブに関しては、上図の様に設定しておけば大丈夫だと思われます。

ビットレートに関しては、数字が大きいほど奇麗に映り、数字が低いほど画質が悪くなります。

ただし、数字を上げすぎると、配信での回線状態などが悪くなる場合がありますので、3000~4000あたりがおすすめです。

YouTubeLiveの配信開始から配信終了まで

OBSStudioのある程度の設定は終わりましたので、次はYouTubeLiveを使って実際に配信していきましょう。

スクリーンショット_120820_105216_PM

OBSStudioの左下に「シーン」と「ソース」という場所に項目を追加する機能がありますので、「+」ボタンをクリックして、生放送で流したいゲームなどを選択してから、右側にある「配信開始」というボタンを押しましょう。

WS000040

配信開始ボタンを押すと、再確認画面が開かれますので、「はい」を選び配信を開始します。

スクリーンショット_120820_105652_PM

配信開始ボタンを押せば、この様に左上に配信映像が流れ、下タブは「アナリティクス」になります。

スクリーンショット_120820_105828_PM

生放送を数分から数時間放送して終わりたくなった場合は、右上のプロフィールアイコンの横に「ライブ配信を終了」というボタンがありますので、そちらを押して放送を終了しましょう。

スクリーンショット_120820_105943_PM

右上の「ライブ配信を終了」ボタンを押すと、再度確認画面が出てきますので、こちらで終了ボタンを押して放送を終了します。

スクリーンショット_120820_110036_PM

放送を終了し終えたら、ストリーム完了というウィンドウが開きますので、動画を編集したい場合は「STUDIOで編集」、そのまま何もしない場合は「閉じる」ボタンを押せば大丈夫です。

スクリーンショット_120820_110154_PM

そして最後に、OBSStudioの配信ツールに戻って、右側にあるメニューの中から「配信終了」ボタンを押せば、全ての配信終了作業は終わりです。

終わりに

以上で、OBSStudioを使ってYouTubeLive配信をする方法についての記事は終わりです。

これで、ゲームの生放送ができるようになり、今筆者がやっていた有名なゲームも放送可能となります。

まぁ、画像にはモザイクをかけてありますが、なんのゲームなのかわかる人にはわかると思いますね(笑)

あと筆者は、音声ミキサーのマイクをミュートにしてありますが、サウンドマークをクリックすれば、ミュートの切り替えが可能です。

ゲームの実況生配信をしたい場合などは、ここをミュートにせず、マイク設定などをすれば実況放送ができますので、詳しく知りたい方はGoogleで調べてみてください。

それではそろそろ、【最新】YouTubeLiveでゲーム生配信するまでの手順~OBSStudioを使って生放送してみよう!~についての記事を終わりたいと思います。

ありがとうごいざました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
この記事をお届けした
わたろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアボタンを押して情報を共有しましょう。

フォローする

関連記事